Arvenbüel-Pt. 2097-Arvenbüel

出発地 Arvenbüel、 ZiegelbrückeよりPostautoにて
到着地 出発地と同じ
登山日 2017年6月20日
標高差 1000m
難易度 T5

e0356046_04205783.jpg

頭から省略にてFirst, 1663mまでワープ。(ここまでは迷いようがありません。難易度もT2程度です。)ものすごい景色、初めてここへ来た時にはひっくり返りそうなほど驚きましたが、何度通ってもすごいです。ここからLeistkamm, 2101m方面を目指します。

e0356046_04210757.jpg

途中、Tritt, 1769mで青白看板、Gocht方面へ進みます。ここからは下り。せっかく稼いだ標高を100mちょっと失います。
e0356046_04213055.jpg

スプーン付きザイル、まだありましたよ。前回ここを通ったのはNägelibergを訪ねたときですから、もう5年も前になります。

e0356046_04220295.jpg

こんな感じで、得意げな人います。

e0356046_04213860.jpg

e0356046_04222165.jpg

100m下って100m登った後に、本日の目的地と思われる、Glattchamm, 2079m登場です。Pt.1830m地点にある標識でGocht方面(青白)へ進み、100mほど進んだあたりで登山道を外れます。あとは地図と目が頼り。このたんこぶの右側へ回り込むように登ります。

e0356046_04222811.jpg

写真では例のごとく大した事ないですけれど、ものすごく急な上に滑ったら厄介なことになりそうだなあ、と思いながら一歩ずつ進みます。ちなみに登山靴は底の固いやつを履いた方がいいと思います。ソール全体に体重をかけられる場所がなく、ずっと靴のエッジのみで進みます。

e0356046_04223619.jpg

で、ここを登るらしいです。。。。真ん中あたりに怪しいザイルがあるのですけれど、噂によると使い物にはならないとのこと。。。。さらにザイルがあるあたりまでの登りがすでに危険一杯。。。。
まさかこんなだとは思わず、ザイルも何も持っていなかったもので、色々と考えて(下山のこととか。。。。)ここはパスしてGlattchammの先にあるPt.2097?を目指す事にします。

e0356046_04224554.jpg

ちなみにこれが反対側から見たGlattchamm。

e0356046_04225366.jpg

いつだったか訪ねたGochtが左下に見えて来ました。あの時はまさかこんな所にもう一度来るとは思ってもいませんでしたが、なんだか更にパワーアップした場所に戻って来ました。

e0356046_05302737.jpg

ここが頂上だろう、と期待しながら登ったらまだ先がありました。とほほほほ。。。この偽頂上め!

e0356046_04231406.jpg
偽の頂上から先に進むとこれ以上進めないポイントに到着。ここから左右に稜線がのびていて、両側にSteinmannliが見えます。どうやらこの二つが名前無き本日の最終目的地らしいです。まずは向かって左のSteinmannliを目指します。

e0356046_03091906.jpg

これ以上進めない花壇からちょっと戻って撮りました。左側の稜線の真ん中辺りにSteinmannliが見えるでしょうか?

e0356046_05304381.jpg
いい景色ですねえ。。。

e0356046_04232127.jpg

なんだか余裕で立っているこの稜線ですが。。。。

e0356046_04232793.jpg

本当はこんなところです。写真真ん中の薄い岩の間を通り抜けて来ました。

e0356046_04233415.jpg

はい、到着。ここでお昼を食べてから、さっきの花壇!へ戻り。。。

e0356046_03093017.jpg

こちらが右側のSteinmannli。写真のちょうど真ん中あたりにあります。

e0356046_04242252.jpg

お隣はそんなに難しくはありませんでした。

e0356046_04252364.jpg

あ〜らよっと。

e0356046_04253727.jpg

2つ目のSteinmannliから一つ目を眺めるの図。

e0356046_04254632.jpg

まだ雪解けから時間が経っていないようです。

e0356046_04255322.jpg

で、下山ですが、登った通りに降りるのは嫌だったのでがれ場を直滑降??することに。

e0356046_04261114.jpg

ちょっと降りただけですが、すでに2つ目のSteinmannliは姿を消してしまいました。

e0356046_04263797.jpg

雪もまだ所々ですが残っています。

e0356046_04270140.jpg

こんな感じです。

e0356046_04283902.jpg

左側にある突起がGlattchamm左から3つ目の裂け目にザイルがありましたよ。私たちがとったルートはGlattchammの次にある突起を通って写真右にかろうじて写っている先端。ここから左右に稜線を歩いた感じでしょうか。。。

e0356046_04292493.jpg

この辺りで古い登山道にぶつかりました。いくら整備されてないとは言え、地図を読み、目で確認しながら、時には大丈夫かなあ?取りあえず見に行ってみよう、という不安なしで歩けるのはとってもうれしいです。

e0356046_04293021.jpg

この辺りで登山道復帰です。

e0356046_04294176.jpg

Trittの近くから、First方面。

e0356046_04300289.jpg

はい。今日はこんなんで我慢しました。牛さんの水飲み場です。。。。。



[PR]
# by alpinistin | 2017-06-21 05:06 | T5 非常に難しい登山 | Comments(0)
出発地 Alt.St.Johann Postautoにて
到着地 出発地と同じ
登山日 2017年5月30日
標高差 1000m
難易度 T3

またです。また。

e0356046_04100102.jpg

Gräpplensee, 1307mからの写真です。今日はガイド登山で、Alt.St.Johann, 893mから怨念の(?)Lütispitz, 1987mへ行って来ました。湖までの道のりやら、ハプニングはこちらを参照してくださいまし

e0356046_04101018.jpg

今日も素敵なChurfirsten。どこからか、また〜?という声が聞こえて来ていますが、無視です。我が遊び場、我が天然遊園地、何度リピートしても新しい発見が沢山ありますからね。それにガイドは自分の地理感が絶対のところでないと引き受けないことにしていますからねえ。。。

e0356046_04102140.jpg

Windenpass, 1630mまでワープして、そこから前回?前々回とは反対方向へ登ります。この季節の山は花が沢山あってうれしいです。(今回は最短距離でWindenpassまで到着しました。前々回の間違いは黄色の看板がひとつ足りなかったことでした。道を間違えるのは私だけではなかったようで、ネットで検索すると注意書きがあちこちで見つかりました。)

e0356046_04103044.jpg

結構きつい登りですが、前回のNeuenalpspitz, (写真中央、左)前々回のPt.1818, (写真中央、真ん中)に比べると楽チンというか、登山道に段差やら障害物があまりなく、歩きやすい事この上なし。

e0356046_04103968.jpg

写真左の頂上がPt.1818。右の頂上が4月に訪ねたStockberg
皆さん、お気づきかも知れませんが、凝り性なもので、一度気に入った場所や物があると、何度もしつこく、ありとあらゆる方向からチャレンジして自分の物にするのが性格でして。。。。。おかげさまで、局地的にですが随分詳しくなりましたよ。足裏に感じる土の感触や、Alpstein山脈の大まかな特徴なんかが何となく分かって来ました。

e0356046_04104947.jpg

頂上に到着したと思ったら、稜線歩きが待っていました。稜線も前回とは違って歩きやすいです。

e0356046_04105989.jpg

稜線の右下にどうしても肉眼で見たかったAurikelの群生があったもので、みなさまに断りを入れて下ります。

e0356046_04111122.jpg

さらに下にはなんと、Seidelbastが咲いていました。

e0356046_04112047.jpg

登山道に復帰して頂上です。なんでも夕立が来るとの予報で、空の様子もなんだか怪しいですが、風がなかったもので、のんびり休憩です。

e0356046_04112917.jpg

はい。撮ってもらいました。頼りないですよね〜。私なら、こんな人には案内してもらいたくないですねえ。。。

e0356046_04114208.jpg

で、下山。雲の様子も落ち着いていたので、あちこちで写真大会です。

e0356046_04115271.jpg

e0356046_04120300.jpg

いい加減、見飽きたかもしれませんが、私の一番好きな花なので。。。。

e0356046_04121650.jpg

本日の収穫!こんなに大きなBovistは見た事ありません。(本日の夕飯のサラダになりました。ごちそうさまでした。)

e0356046_04122748.jpg
Gentiana なんとかかんとか。。。。(後で調べます。)

e0356046_04123881.jpg

最後に牛さんからのご挨拶。

追伸 下りも登りと同じ道を下りました。いつまで経っても夕立の気配がないので、Gräpplenseeに寄って、今日は湖にしっかり飛び込んで泳いできました。すっきりさっぱりです。

[PR]
# by alpinistin | 2017-05-31 04:34 | T3 登山 | Comments(2)
出発地 Stein, NesslauよりPostauto
到着地 出発地と同じ
登山日 2017年5月28日
標高差 1000m
難易度 T4

キリストが登ったり降りたりの休暇、第2弾で木曜日から連休だった当地ですが、連日仕事。。。唯一の休日だった、そしてどうやら最後のよい天気らしい本日、頑張って早起きして行って来ました。

e0356046_03102644.jpg

キリスト昇降休暇、第1弾で行ったStockbergのお隣です。よって出発地から分かれ目までワープです。

e0356046_03103785.jpg

ここが分かれ道。なんだか凶悪そうな看板がある割には車も進入できる林道です。

e0356046_03105036.jpg

余裕をかましていた私がバカでした。山の中へ入るよう、マーキングが指示していたもので、入ってみましたら、こんな。あんまり人が歩いていないと思われる登山道です。それに急登。片側落ち。。。。ま、いつものことですね。

e0356046_03110448.jpg

マーキングだけは真新しくてうれしいんですけれど、時にはこんな切り株をなんとか跨いで進みますよ。

e0356046_03112504.jpg

突然、開けた草地へ到着。激登りというやつをしたら突然平ら。なんだかこの間もそうでしたけれど、Alpsteinと呼ばれる山脈の特徴なのかもしれません。

e0356046_03111360.jpg

e0356046_03113552.jpg

更に登って、Hoorという場所に到着。突然林道が出現しますよ。ここで3mほど林道を歩きます。

e0356046_03114810.jpg

林道は3mですからね。その後はまたきつい登り。その上、暑かった本日、標高1500m超えているというのに、あまりの暑さにくじけそうになりました。。。

e0356046_03115864.jpg

次の通過地点、Schlafboden, (直訳で、眠る土地)まったく昼寝でもしたくなってきました。何せ暑さと睡眠不足で、足取りの重たい事この上なしだったもので。。。

e0356046_03120667.jpg

そうこうする内に、目的地、Neuenalpspitz, 1816mが見えて来ました。いやはや、前回逆側から眺めて、近いうちに行きたいなあと思っていたものでして。。。

e0356046_03122276.jpg

今年最初のPulsatilla alpinaが咲いていました。

e0356046_03124791.jpg

それにしてもきつい。。。途中何度かこんな感じを登ります。

e0356046_03123330.jpg

この地方、Primula Auriculaが群生しています。こんなに沢山見た事ありません。

e0356046_03125842.jpg

ヒーコラ言いながら頂上!ヒーコラ言っていた割には目安時間より30分も早く着きました。ので記念撮影。

e0356046_03130967.jpg

前回苦労した登りとGräpplersee湖。

e0356046_03133853.jpg
今から下る稜線。こういう場所に来ると、どうもうれしくてたまらなくなるんですよね〜。

e0356046_03135848.jpg

タッタカターです。

e0356046_03141402.jpg

人のすれ違いがなかなか難しい場所なので、前方に人影が見えたら、お互い早めに合図します。(これは合図して待っている間に撮りました。)

e0356046_03142788.jpg

下るだけかと思ったら、登り登場。。。。

e0356046_03143781.jpg

で、前回成り行きで通りかかったGmeinenwis, 1728mへ到着。ここから前々回通ったRisipass, 1459mを経由して帰る事にしました。

e0356046_03144702.jpg

まだまだありましたよ、Soldanella。
Risipassからは前々回の山登りと同じなので省略です。
今日はPass(峠)でお誕生会を開いている家族がいました。思わず、そこに咲いていた花を摘んでプレゼントしてしまいました。(笑)

[PR]
# by alpinistin | 2017-05-29 03:46 | T4 難しい登山 | Comments(4)
その1から続きます。

名も無き頂上、1818mからはかなり急な下りをするようマーキングが指示しています。

e0356046_03163102.jpg

具体的にはこんな。本来のマーキングは左側の雪原に沿っていましたが、こんなところ下ってもし転んだら大変なことになりますからねえ。。。がれ場のど真ん中を下りましたよ。最初大きめな雪原があり、しかも下は浮き石ということで結構怖かったです。(ほんの序盤。)

e0356046_03164285.jpg

次の試練はここでした。これまた登山道のマーキングは左側にあったのですが、もし滑って転んだ場合、真ん中のほうがましかなあと思い、ど真ん中を下りました。(笑)雪原にある足跡、私のものです。ここを下りながら、一人で歩いていて良かった、と心から思いましたよ。こんな所誰も案内できません。
そして雪が柔らかかったのが本当にラッキーでした。ピッケルも何も持っていなかったので、もしここが凍っていたとしたらお手上げでした。

e0356046_03170293.jpg

激下りのご褒美?Primula auriculaが満開でした。ここで、周辺のことを良くご存知の登山者と行き会い、この先の様子なんかを教えてもらいました。
一人でブラブラ歩いていると、親切な方が、全くしょうがないなあという感じで、色々と教えてくださるんですよね。有り難いことです。この方によると、今さっき私の下った激下りは傾斜40度程度あること。雪原のど真ん中を下ったのは正解とのこと。Lütispitzはまだ雪がかなり残っているから止めた方がよい、ということ。

e0356046_03173618.jpg

こうして見るだけではそんなに雪もなく見えるのですけれど、ここぞという所で雪原が登場するそうです。

e0356046_03172308.jpg

遠回りをしたおかげで、ここで昼休みをすることにして、ChurfirstenとCrocus albiflorusのコラボなんかを撮影して、先に待っているそうな雪原に向けてテンションをあげます。(笑)

e0356046_03174717.jpg

はい。こんなのが3、4回ありました。そしてWindenpassという峠らしくない峠へ到着。

e0356046_03175810.jpg

Churfirstenがこんな正面から見えるとはビックリでした。
件の登山者さんの意見に従い下山します。

e0356046_03180995.jpg

ははは。いかにもスイスな景色。Gräpplerseeより。正面に見えているのはWildhuser schafsbergです。
下山途中に黄色の看板という看板を点検しましたが、どうやら登りと下りでは違うルートが設定されている模様で、結局どこで間違えたのか分からず終い。

e0356046_03182115.jpg

桟橋から水浴びして日光浴(昼寝)してから帰って来ました。
結果としては良かったんですよね。。。だってLütispitzは雪が多すぎて登れないということだったんですから。。。それにしても、なんとなく納得がいかない。。。。

追記 マーキングは赤白でしたが、場所によっては青白でもいいのでは?と思うような場所もありました。もっと簡単な青白ルート、沢山あります。。。春先にお出かけの際は雪山装備でお出かけくださいませ。

[PR]
# by alpinistin | 2017-05-17 04:02 | T4 難しい登山 | Comments(2)
出発地 Alt.St.Johann Postautoにて
到着地 出発地と同じ
登山日 2017年5月16日
標高差 1000m
難易度 T4

今日はどうにも納得のいかない登山となりました。

e0356046_03095825.jpg

出発地はおなじみ、Toggenburg, Alt.St.Johann, 891m。本来の目的地、Lütispitz, 1986mを目指して我が黄色の看板と手元にある地図をもとにどんどん登ります。この写真は1000m辺りから撮りました。Alt.St.Johann村からは我がChurfirsten、のこぎり山は前座の丘に隠れていて見えないんですよ。

e0356046_03104315.jpg

途中こんなランの群生を見たりして幸先いいなあなんて思いながらルンルン登っていました。

e0356046_03105688.jpg

気持ちの良い落葉樹の森を登りきると、一気に視界が開けて1300m前後にあるGräpplerseeという湖の近くへ出ます。湖は下山の際に立ち寄る事にして黄色の看板を確認して進みます。(ここのところ強調)Lütispitzの表示がありましたよ。

e0356046_03110813.jpg

こんなお花畑をルンルン。この辺りはまだCrocus albiflorusやSoldanellaが沢山咲いていて、途中で道をそれたりしながら歩きます。カッコウが鳴いていて、財布を持っていたかどうか確認もしました。(年初めのカッコウを聞いた時にお金を持っていると、その年はお金に困らない、というジンクスがあります。)

e0356046_03145461.jpg

最初の雪。この辺りからどうも様子がおかしいです。時々出てくる黄色の看板からLütispitzの名前が消え、代わってNeuenalpspitzなる目的地が表示されるようになりました。それでもWindenpassという本日の通過点である峠の名前もあったもので、看板の通りに。。。。

e0356046_03151238.jpg

そうこうする内に、雪もどんどん深くなります。そして結構急な登りです。この後、最後の看板にはWindenpassの名前すら無くなり、代わりにGmeinenwiesなる名前が登場。ここで地図と照らし合わせ、かなり遠回りをすることが判明するものの、どうにもなりませんから、先へ進みます。

e0356046_03153504.jpg

Gmeinenwies, 1728mに到着。ここでようやくWindenpass, 1629mの表示が出て来ました。

e0356046_03155870.jpg

こんな感じの稜線をタッタカターという感じでしょうか。ちなみに左奥がNeuenalpspitz, 1816mで余程目的地を変更しようかと思ったものの、目的地はLütispitzですからねえ。。そちらへ進みます。(知らないって恐ろしいことです。。。。。)

e0356046_03154503.jpg

紫がかったCrocusなんかを見て、時々手足動員で見かけよりハードな稜線を進み。。。

e0356046_03162193.jpg

名も無き頂上到着。1818m。ここからが地獄でした。。。。。
写真も多くなって来たのでその2に続きます。



[PR]
# by alpinistin | 2017-05-17 03:38 | T4 難しい登山 | Comments(0)