人気ブログランキング |
出発地 Gumen(Braunwaldからゴンドラ)
到着地 出発地と同じ
登山日 2019年7月16日
難易度 WS
標高差 900m

e0356046_16143447.jpg

はいはい。今年もこの方の季節がやってきました。お花見を兼ねて、久々にBös Fulenを訪ねます。
まったく久々の山ですよ。夏休み前の猛烈働く月間で、いささか疲れていますけれど、まあ行ってみましょう。

e0356046_16114534.jpg

毎回コンディションが違っていて、何度登っても違う楽しさのある山です。装備が必要な山なので、一人では無理ですので、Ch氏と登山です。

e0356046_16115328.jpg

写真を撮っているとどんどん置いて行かれます。。。あああ、、、待って〜

e0356046_16123998.jpg

上の写真で正面に見えている雪原を登るのですけれど、ここ面倒でしたよ。最後には座って。
お尻濡れているけれど、怖くて漏らしたんじゃないからね、と笑いながら無事に通過ですよ。

e0356046_16124552.jpg

夏の雪原って涼しくて好きです。

e0356046_16125261.jpg

あ〜らよっと。

e0356046_16125956.jpg

で、頂上。人間の写真はパスです。なんだかクマが人間より多い山登り。一番小さいFynnは一度リュックサックから飛び出して、山登り2往復をした経験があるもので、ヒヤヒヤしっぱなしです。。。。(苦笑)

e0356046_16130538.jpg

で、この方。これがしたくて崖登りだろうが雪原登りだろうがおかまいなく持って来ました。。。。登りが急になると、アルプホルンケースが後ろを登る私の頭にトイーン、とぶつかるんですよね〜。まったくヘルメットが必要だ、と文句を言いながらの登りでしたが、念願適って、標高2801mでのアルプホルンです。

e0356046_16131357.jpg

なにせ距離があるし、装備の着脱があるもので、標高差はあまりないものの時間がかかりますからまだ13時でしたけれど下山です。

e0356046_16131996.jpg

はいはい。

e0356046_16132626.jpg

この割れ目、何度通っても気持ちの引き締まる場所です。

e0356046_16133231.jpg

いまからこの雪を登りますよ。

e0356046_16134092.jpg

シュタイクアイゼンを履いて。。。。

e0356046_16134714.jpg

あらよっと。

e0356046_16135333.jpg

よっこらせい

e0356046_16140099.jpg

ホーラップ。

e0356046_16140649.jpg

どっこらせい。

e0356046_16141343.jpg

到着。
はい、私もやるんですよね。。。。いいですよ。。。。。。

e0356046_16485499.jpg

はい。到着。

e0356046_16141967.jpg

ということで一気に下山。このお二方がヴァニラアイス花と名付けているNigritella nigri。はい、食べないでくださいね。

e0356046_16142769.jpg

今日はエーデルさんに登るそうです。

e0356046_16144177.jpg

で、この方はまたアルプホルン。
なんだか真剣な山登りのはずなのに、クマが沢山いたりアルプホルンが登場したり、どうしてこういうことになるんでしょうねえ。。。。。。まあ、楽しかったから良しとしましょう。



# by alpinistin | 2019-07-17 16:37 | T5+ 装備必要な山 | Comments(2)

Juni (メモ)

出発地 Arvenbüel
到着地 出発地と同じ
登山日 2019年6月27日
標高差 900m
難易度 T2

1.5 mal Leistchamm, Privat (7h45-11h30)

e0356046_15304430.jpg


出発地 Arvenbüel
到着地 出発地と同じ
登山日 2019年6月29日
標高差 600m
難易度 T2

Gulmen, Guide

e0356046_15303480.jpg

出発地 Obersee
到着地 出発地と同じ
登山日 2019年7月2日
標高差 1000m
難易度 T3

Tierberg, Privat (7h-11h)

e0356046_15302829.jpg


# by alpinistin | 2019-07-03 15:37 | 番外編

Elm-Fanenstock-Grünenspitz-Elm

出発地 Elm, Station
到着地 出発地と同じ
登山日 2019年6月23日
標高差 1400m(途中の登り下りを入れると1500m)
難易度 T5

e0356046_15155709.jpg

ええと、Grünenspitz, 2361mからの眺めなんですけれどねえ、こんな所行くつもりはなかったんですよ。

e0356046_15094779.jpg

例によってこんな景色を見ながらえっちらおっちら登ります。一体どこから雪なのか。。。今回こそはFanenstock, 2235mに登れたらいいなあ、と思いながらのんびり歩きます。

e0356046_15111968.jpg

これなら今回は登れそうです。一番奥に見えているのがFanenstock。Furggeliからかなり登らされます。これは前回引き返して正解でした。

e0356046_15112603.jpg

2度、大きな雪原を通過して到着!この時点ですでに1300mほど登っていますが、まだまだ元気です。時間もまだ早いし、東側に伸びる稜線、Blattengratが妙に気になります。。。。噂によるとこの稜線をぐるりと歩けるそうですしねえ。。

e0356046_15113513.jpg

こんな感じで伸びている稜線です。

e0356046_15114563.jpg

ちなみに、本日の出発地を上から。こうやって見ると、結構登ってますね。

e0356046_15122352.jpg

ということでちょっと行ってみようということで。。。あはははは。これだからお一人様登山はやめられません。

e0356046_15120195.jpg

あらら、第一号発見!

e0356046_15115281.jpg

こんな方も満開です。

e0356046_15142513.jpg

草地と地肌むき出しの繰り返しです。幸い、稜線自体の雪は一カ所をのぞいて溶けていました。もし地面が濡れていたらやめておいた方がいい稜線です。写真では大した事なく見えますが、場所によっては登山靴の幅すらない場所もありました。

e0356046_15125735.jpg

で2号さん。

e0356046_15154721.jpg

ここ、ちょっと集中力がいりましたよ。

e0356046_15155709.jpg

ということでGrünenspitz, 2361m到着です。まあ、稜線なので迷う事はありません。最後、少しだけ両手動員します。

e0356046_15160488.jpg

あらあら。沢山咲いていたんですが、95パーセントはすでに花の時期を終えていました。

e0356046_15161946.jpg

白いEnzianとか初めて見ました。Glarnerlandと呼ばれるこの地域の植物体系は本当に面白いです。

e0356046_15161278.jpg

突然ですが、Nico、茶色とFynn、小さいほうが仲間入りしました。Fynnはどこにでもよじ上る癖があるらしく、Pulsatillaだろうが何だろうがお構いなしです。(汗)

e0356046_15162835.jpg

Daphne striataも咲き始めていました。今年は春が遅かった分、全ての花が一斉に咲いていて、お花見登山の楽しい事!!

e0356046_15163770.jpg

奥に見えるFärispitzは今回はパスです。

e0356046_15164469.jpg

雪解けという可愛い言葉は似合いません。

e0356046_15165180.jpg

この下に見えている川、靴を脱いで渡りました。膝まで雪解け水に浸かって(けっこう急な流れでした。)足もリフレッシュ!さて、下山。これが長い事。。。。。カーブを曲がる度に同じような景色。もういい加減にしてくれ〜と思った頃、ようやく朝登った登山道に合流です。

e0356046_15170168.jpg

ということで最後はこんな草原を下り、無事下山と相成りました。

# by alpinistin | 2019-06-24 15:42 | T5 非常に難しい登山 | Comments(4)
出発地 Tannenboden (今シーズンMaschgenkammまでのゴンドラは動いていません!)
到着地 出発地と同じ
登山日 2019年6月10日
標高差 900m
難易度 WS

e0356046_15322266.jpg

ということで、連休最後はSACツアーでした。隊長はCh氏。参加者は私も入れて3人という小さなグループでの登山でした。

e0356046_15305173.jpg

Unterterzenからゴンドラで一気にMaschgenkammまで登ってしまおうという計画だったのですが、チケット売り場で、Tannenbodenから上は工事中だからゴンドラは動いていませんよ、とのこと。
え???標高差250mで美味しい所採りのツアーだ、とルンルンしていたのに、650mほど余計に登る羽目になりました。あはははは。

e0356046_15305943.jpg

Pulsatilla vernalisの群生地みたいですが、やっぱり2、3日遅かった。。。。

e0356046_15310766.jpg

ということで、この辺りでシュタイクアイゼンを履いてザイルに繋がります。

e0356046_15311392.jpg

あ〜らよっと。去年登った時には雪が全然なくてがれ場を登らないといけなかったのですけれど、雪があると随分楽です。

e0356046_15312147.jpg

去年は地面が凍っていて注意が必要だったところも乾いていると歩きやすいです。

e0356046_15312708.jpg

最後の登り。

e0356046_15314054.jpg

で、頂上、2194m。Ch氏のクマ、Willi氏もにっこりです。(なんでも崖登りのところ、Willi氏は目を閉じて、早く登れ〜と大騒ぎしていたらしいです。。。。)

e0356046_15313437.jpg

天気予報は全然良くなかったんです。でも日中4時間ほど雨の隙間がある、ということで小雨の中出発したこの日、難しい場所は全て乾いていた上に、頂上では景色も眺められました。

e0356046_15314766.jpg

西側からフロントが迫って来ているのが見えた物で、ここでは長居せずにさっさと下山します。

e0356046_15315566.jpg


Androsace obtusifolia

e0356046_15320184.jpg

さっきまでいた頂上。

e0356046_15320824.jpg

次の頂上、Leist, 2222mを目指します。
ここでお昼休憩をしていると本格的に降って来ました。標高が標高ですから、みぞれです。

e0356046_15321736.jpg

Pulsatilla vernalisもここまで標高をあげるとようやく見頃!
この花、咲いている時期が極端に短い上に、雪解けと同時に咲くもので、滅多に見られない花なんですよ。
ということで、ここから先はPulsatilla氏連投です。

e0356046_15322958.jpg


e0356046_15323435.jpg


e0356046_15324310.jpg


e0356046_15325031.jpg

ああ、楽しかった。


# by alpinistin | 2019-06-11 15:53 | T5+ 装備必要な山 | Comments(3)
出発地 Obstalden
到着地 出発地と同じ
登山日 2019年6月8日
標高差 1450m
難易度 T6

e0356046_23233753.jpg

キリスト昇降連休第2弾、2日目はCh氏とS氏のお兄さんM氏と3人という妙な組み合わせでの登山となりました。

e0356046_23222301.jpg

Obstaldenからズンズン登ります。それにしてもこのお二方、速いこと。。。。

e0356046_23220988.jpg

あっという間に1100mほど登って、本日のメニューが見えて来ました。まずはGulmen, 1828m。ここから御鉢回りみたいな感じで稜線をぐるりと登ったり降りたりです。

e0356046_23223509.jpg

なだらかな稜線もあれば、こんな狭い稜線もありでなかなか楽しいです。

e0356046_23224255.jpg

2つ目の頂上、Alpbigligenstöckli, 1958mから見たChurfirsten方面。この辺りから晴れて来ました。登りが曇りで良かったねえ、と3人で言いながらルンルンです。

e0356046_23225008.jpg

Mürtschenstockを正面に見ながら3つ目の頂上を目指しますよ。

e0356046_23225932.jpg

奥に見えているのが最終目的地、Firzstock, 1922m。途中に見えているがれ場が気になりますけれど、まあ行ってみましょう。

e0356046_23231262.jpg

Ch氏のピッケルが差しているのが本日のメインディッシュというところでしょうか。

e0356046_23231945.jpg

さすがにがれ場では写真は撮れませんでした。その後の崖登りはとっても楽しかったです。

e0356046_23232833.jpg

で頂上からの眺め。

e0356046_23233753.jpg

そして下山方面ですよ。(前座頂上)

e0356046_23234658.jpg

うわ、このがれ場を登ったんですねえ。。。。。

e0356046_23235374.jpg

頂上を後にして、前座を過ぎて振り返ったところです。

e0356046_23240228.jpg

あらあら、今年お初ですねえ。。。
ということで、元気なお二方と一緒の楽しい登山と相成りました。
今日は仕事兼、休養日。明日キリスト昇降連休最後の登山へ行ってきます。

# by alpinistin | 2019-06-09 23:41 | T5+ 装備必要な山 | Comments(2)