Walenstadt-Sitzstein-Paliisnideri-Rüggli-Sellamatt

出発地 国鉄Walenstadt, 427m下車。標高をかせぐのにはバスでRehaklinik, 980mまで行く方法もあります。
到着地 Sellamatt, 1400m ここからゴンドラ、バスで国鉄Nesslauまで
登山日 2015年7月10日
難易度 T5
標高差 登り1600m、下り700m

今回の登山はWalenstadt側からToggenburg側へBrisiとZuestollの間を通ってChurfirstenを超えます。Walenstadt側から見ると、一体どこを登るんだろうという壁が迫って来ます。標高差も2000m近くになりますので、体力勝負です。
e0356046_03124570.jpg
Rehaklinikからはちょっとした近道があるのですが、そのことはまたの機会に譲り、森林限界を超えた頃、第一の難所、Sitzstein, 1460mがあります。ここは青白でマーキングされた登山道で、手足を使って100mほど一気に標高を稼ぎます。手すりや鎖があるので簡単に登れますが、地面が濡れている時には避けたい場所です。写真は標高を稼いだ後です。
e0356046_03125222.jpg
ふむ、この壁のどこかを登るのだなあ、と思いつつ撮った一枚。途中、遠回りになりますが、Tschinglaというアルプを経由してご主人にPaliisnideriの様子を聞きます。
e0356046_03130140.jpg
壁がだんだん近くなって来ます。ここはマーキングはありませんので、地図と目で一番登りやすそうな場所を探します。
e0356046_03130981.jpg
さっそく登場するのが、Linum。私の一番好きなアルプスの花。
e0356046_03132822.jpg
Nigritella rhellicani。今年はどこでも多い感じがします。
e0356046_03131744.jpg
壁直登の直前にSileneae Vulgarisが見送ってくれます。
e0356046_21001569.jpg
一度目の難所を抜けた所、こんなところにもザイルがありました。でもここが最初で最後でした。お目汚しですが、人が写っていたほうがどんな所か分かると思ったもので。
e0356046_03135709.jpg
細く見える線のようなところを通り抜けたところです。幅は多分30cmあるかないかくらいです。自己責任でお願いします。
e0356046_03140763.jpg
何度かこのような場所を抜けると目的地も目の前。
e0356046_03142639.jpg
でもまたこんな難所続きです。
e0356046_03143943.jpg
身をかがめるかそらすか(笑)。岩の出っ張りが意外と邪魔だった場所。最後は10mくらいをロッククライミング。
e0356046_03145745.jpg
Paliisnideri, 2010m 到着。ほっと一息した後は今度は北側へ下山。これもマーキングがないので、地図を頼りに。
e0356046_03151040.jpg
こんな感じですが、どこかに必ず人間が下りられる場所があるのが山の不思議です。
e0356046_21002942.jpg
またお目汚しですが。ええと、人が曲がっているのではなくて、本当はかなり急斜面なんです。
e0356046_03152004.jpg
Soldanellaがまだ咲いていました。さすが北側!
e0356046_03153997.jpg
いつの間にか登山道に合流。それでもここを下るのは結構大変ですが、安心感が違います。

[PR]
by alpinistin | 2015-08-01 03:46 | T5 非常に難しい登山 | Comments(0)