Arvenbüel-Leistchamm-Arvenbüel

出発地 Arvenbüel, 1273m 国鉄Ziegelbrückeよりバス
到着地 出発地と同じ
登山日 2013年11月8日
難易度 T3
標高差 900m

本来ならT2というところのLeistchamm, 2101mですが、雪がかなりあったこと、登山ルートが北側なこともあり、普段ならさくさく登れるはずが、両手足動員しての登山となったため、難易度もT3にランク上げです。
e0356046_01172202.jpg
ArvenbüelからFirst方面へ登り始めます。最初は新しく整備された登山ルートのおかげであっという間にFirstに到着します。そこからLeistchamm方面へ向かいます。最初はなだらかな登り、途中分岐点がありますが、そこを過ぎた辺りからジグサグの登りが突然厳しくなります。そして普段なら歩きやすいはずの溝がすべて雪で埋まっているため、登山道を外れて登るより他ありません。まったく下山が思いやられる。。。
e0356046_01170322.jpg
あらら、雪の重みで曲がってしまったらしい標識。そんなこんなでなんとか頂上へ到着しました。
e0356046_01165349.jpg
Alvier山系がよく見えています。頂上はもちろん独り占め。登山道も独り占めでした。それでも日も短くなっていることですし、下山。
これが本当に恐怖でした。Leistchammの地面は基本的にカルキ質の岩です。なので滑ることこの上なし。さらに登山道は使えない。森林限界はとっくに超えていますから、転べば一気に何百メートルも滑り落ちる危険もあります。ということで慎重に、でも止まらずに。
e0356046_01173423.jpg
ようやく下山しFirstまで戻って来た時にはズボンも靴もこんな状態になっていました。
ここまで雪が増えると、装備なし登山も限界です。

[PR]
by alpinistin | 2015-08-24 01:30 | T3 登山 | Comments(0)