SAC Cavardiras Hütte-Gwasmet-Seeli-SAC Cavardiras Hütte

出発地 SAC Cavardiras Hütte
到着地 出発地と同じ
登山日 2013年8月22日
難易度 T2
標高差 250m

小屋番、クルー4人で廻しているので、時間さえ守れば遠足も可能です。
e0356046_21270276.jpg
小屋から見て左側にGwasmet, 2875m という小さな丘があります。丘を経由して小さな湖を廻り、オフィシャル登山道へ抜け、登山道の鎖の点検をしながら戻って来るという半分休憩、半分仕事の遠足に行って来ました。
この日は午後からヘリの荷揚げがあったので、さくっと。少し登った辺りからの小屋。結構すごい所に建っています。
e0356046_21263976.jpg
登り始めて少し建つと、大きな山に挟まれている小屋方面にもようやく太陽が差します。
e0356046_21264612.jpg
編集でも何でもなくって本当にこんな色になるんです。ここでしばらく影遊びをしていたのですが、まともな??ものが一枚だけあったので。。。。(後のものはとてもお見せできないほどふざけていました。。。)
e0356046_18195901.jpg
マーキング等はありませんので、行き方などはクルーに聞いてみてください。途中、両手を動員して登る場所もあるので、登山靴でお願いします。
e0356046_18200570.jpg
ここがGwasmet。右上の頂上はOberalpstock, 3295m。小屋から氷河を縦断しながら登る山です。我が小屋!に泊まる方の数パーセントはOberalpstockを目指しておられるのですが、成功率はあまり高くないです。私達がクルーをしている間にも救急ヘリが何度か出動要請されました。
e0356046_18201221.jpg
へへへ。また山羊座の性?が出てしまいまして。断崖絶壁を見ると行ってみたくてうずうずしてしまうんです。一緒に遠足に来ていた相棒には、好きにしろーと冷ややかな顔で言われてしまいました。(この人、実は高所恐怖症というか、細い稜線恐怖症というのでしょうか、下山の際は仕方なく私がリュックサック2つ背負って崖下りたのはここだけの話です。)
e0356046_18201866.jpg
クリスタル、見つけました。持って帰るのには大きすぎたので写真だけで。。。
Gwasmetから水を貯めるタンクあたりまで降り、そこからVal Cavardirasという谷方面へ歩きます。その際、タンクのあるあたりの標高を保ってください。所々に黄色い目印がありますが、探さないとありません。
そして一カ所、鎖で降りる場所があります。
e0356046_21265543.jpg
ここが件の鎖の場所で、何故かここにはオーストリア国旗のようなマーキングがありました。
e0356046_18202613.jpg
到着するのがこんな湖、とも呼べないような小さな湖です。ここからはVal Cavardirasからの登山道合流を目指し、マーキングされた登山道を登り返します。500mくらい登り返したような気がしますが、どうなんでしょうねえ。

[PR]
by alpinistin | 2015-09-10 21:36 | T2 簡単な登山 | Comments(0)