Niederwald-Egga-Fiesch

出発地 Niederwald, 1251m 国鉄駅
到着地 Fiesch, 1061m 国鉄駅
登山日 2015年9月20日
難易度 T2
標高差 600m

ZermattとAndermattを結ぶ電車に乗ってNiederwaldで下車します。この駅は乗客からのリクエストがないと停まってくれないので注意してください。
e0356046_03232996.jpg
朝、9時過ぎですがあんまりすっきりしないお天気です。後ろの真っ白に輝いている山はWysshorn, 4506mです。いつか登りたいですが、本日の目的地は標高1600m程のグリル場ですから、見てるだけ〜です。なのであんまりテンションも上がらず。
何よりこの日は20人の団体遠足。と言う訳でテンションは下がるばかりです。。。。。
e0356046_03233905.jpg
ローズヒップも熟れていますが、団体行動を乱す訳にもいきませんから見てるだけ〜。
e0356046_03234949.jpg
最初の発見、さんご茸。食べごろですが、味が特別良いと言う訳でもないのでパス。
e0356046_03235711.jpg
第一目的地Bellwald, 1560m到着。いかにもヴァリスらしい、というかGoms地方特有の家が沢山建っています。
次の目的地はこの村の一番高い場所、Ried, 1580m。
e0356046_03240695.jpg
その後、こんな景色を見ながら少しずつ登ります。
e0356046_04075698.jpg
派手な色のありの行進。。。この日、一番難しかった場所です。
e0356046_03242818.jpg
Riesenchampignon。これはお持ち帰りです。
e0356046_03244508.jpg
猛毒きのこFlügepilz。
e0356046_03245555.jpg
森林限界上の景色を横目に、黙々と歩きます。
e0356046_04093439.jpg
岩場を登りきるとこんな森。ポルチーニがあることは分かっていても、見てるだけ〜。
e0356046_03250566.jpg
Brüchergand, 1430mにあるグリル場に到着。Schweizer Familieという、暮しの手帖とブルータスを足して2で割ってスイス流にした(?)ような雑誌があるのですが、その出版社がスイス中にグリル場を作っています。この日はその中のひとつへ行って来ました。ヴァリスと言えば大酒飲みが代名詞。この日も例に漏れず飲みました。20人が一人1本ずつワインを持っているんですからねえ。。。中には自家製ワインを2リットルのペットボトルに入れて、なんていう人もいて、なんだか訳も分からず1本以上飲んだ計算。。。。え?
e0356046_03251647.jpg
これも目の錯覚???
ということで、なんだかますます欲求不満が溜まったような遠足でしたが、それでも一日外の空気を吸って太陽の下にいられることって幸せです。
ああ、山行きたい。。。。(今日標高2000mまで雪が降ったらしいです。。。。)

[PR]
by alpinistin | 2015-09-24 04:18 | T2 簡単な登山 | Comments(0)