Gspon Schneeschuhtrail

出発地 Gspon, 1893m
到着地 出発地と同じ
登山日 2016年1月3日、4日、5日
難易度 T2
標高差 ?

e0356046_04281822.jpg
今年は本当に雪が少なく、例年なら1メートル以上は積もっているはずのGsponも所々地面が見える程です。
e0356046_04282437.jpg
スキー場もこの通りで営業できる状態ではありません。(でした。)1月3日夜にどか雪が降ってくれたおかげで4日には15センチから40センチの新雪が積もってくれて、スキー場も急ピッチでの準備となりました。(写真は1月3日、雪の降る前のものです。)
雪が降ってくれた、ということは誰かがスノーシュートレイルというスノーシューでめぐるコースの準備をしなくてはいけません。雪崩の危険が大きくスキーが出来る訳でもなく、山小屋の暮らしは結構暇なのでコースの整備を買って出ました。ということで3日連続で同じコースを歩きました。初日はかなり大変でした。
e0356046_04283962.jpg
スノーシュートレイルも例のごとく、黄色の看板が目印です。1周すると2時間半から3時間ほどかかるコースで、アップダウンも結構あります。
e0356046_04284774.jpg
歩き始めはこんな感じでまだ雪もそれほど多くなく、場所によってはスノーシューなしのほうが歩きやすかったりします。
e0356046_04285935.jpg
足跡ひとつない新雪を一歩ずつ踏みしめてルートを作ります。大変ですが、とても楽しい仕事です。
e0356046_04292386.jpg
1日目はスノーシューなしでルートを作っていたので途中で引き返すはめに合いました。同じ晩にまた雪が降ったので翌日はまた1から出直し。。。。(苦笑)
e0356046_04291513.jpg
うっすら残っていたルートを踏みしめ、歩きやすいように整備、整備。
e0356046_04293228.jpg
こんな青空まで出て来て、なんだかメルヘンか何かの一こまみたいな森の中を登ったり下ったり。いい加減暑くなり、帽子を脱ぎ、手袋も外し、ジャッケは全開、という調子です。
e0356046_04294145.jpg
e0356046_04294983.jpg
この細い足跡は鹿のもの。こんな細い跡でもあるとないでは断然違います。
e0356046_04295845.jpg
大汗をかいて戻って来た村。Balfrinは残念ながら雲の中でした。
今年最初の山歩きはルート整備と相成りました。

それではみなさん、良い1年を過ごしましょう。

[PR]
by alpinistin | 2016-01-07 04:47 | T2 簡単な登山 | Comments(0)