Ridern

出発地 Riedern
到着地 Riedern
登山日 2016年5月29日
標高差 60m
難易度 T1

e0356046_17334563.jpg
またまた国境越えで行って来ました。というか、森をひとつ抜けたらドイツでした。(笑)遠景に山がない、というのがドイツの特徴でしょうか。。。
Riedern, 550mという村を抜け、森の入り口に車を停めてのスタート。今回は距離も標高差もありません。
e0356046_17335331.jpg
さっそくOrchis purpureaという珍しいラン科の花がお出迎え。
e0356046_17341300.jpg
5分も歩かないうちに目的地へ到着。ドイツ、バーデンビュルテンブルグ州が観光アピールなどを一切せずにひっそりと生態系を守っている森なので、道を外れることは禁止されています。
e0356046_17342344.jpg
これです。これ。
e0356046_17343280.jpg
Cypripedium calcelus, Frauenshuh(女性の靴)と呼ばれるラン科が群生する森です。
e0356046_17343907.jpg
この株には80本ほど咲いていました。
e0356046_17345162.jpg
今年は連日の雨に加えて、金曜夜の集中豪雨で登山道が使えない、ということだったので車で行かれる所まで行こう、と森の反対側からのルートを選びました。
この森には他にも沢山の珍しい花が群生しています。
e0356046_17350260.jpg
Cephalanthera longifolia
e0356046_17351293.jpg
Cepharanthera damasonium 上二つのラン科の花は同じに見えますが、上は先の尖った葉っぱ。下は丸い葉っぱで種類を区別します。
e0356046_17352646.jpg
Dictamnus albus。この花の群生地はかなり珍しいらしいです。この森の中でも一切道案内などされていません。
e0356046_17353984.jpg
口コミで知る人ぞ知るここ、私たちも足跡が残らないよう、慎重に歩きます。
そんなこんなで森の空気を吸って元気をもらってきた土曜日でした。いやはや、最近花粉症なのか、疲れてるのか、標高稼げる体力はなさそうなものでして。。。それに謎の筋肉痛。このくらいがちょうど良い時もあるものです。
e0356046_17355031.jpg
ちなみに、面白いなあと思った光景。白地の案内板はドイツのもの。黄色は見慣れたスイスのもの。二つの国民性をよく表しているなあ、と思う表記です。
ドイツ側では目的地までの距離、例えば4kmとかが書かれています。スイス側は35min、と目安の時間。面白いですね。

[PR]
by alpinistin | 2016-05-29 18:04 | T1 散歩道 | Comments(0)