Weesen-Amden-Gulmen-Arvenbüel

出発地 Weesen, 国鉄SBB、Ziegelbrücke駅よりバスでFlyhof下車
到着地 Arvenbüel
登山日 2016年7月5日
難易度 T2
標高差 1000m

e0356046_04212353.jpg

いつもは車窓から見る景色ですが、今日は徒歩にて。
飽きもせずに山に登っていると、時々ガイドの依頼が舞い込んだりすることがあります。趣味で登っているだけなので基本的にはお断りするのですが、自分に興味のある登山だった場合にお受けすることもあります。今日はそんな登山でした。とはいえ、依頼の登山だけでは物足りないのが分かっていたので、待ち合わせのAmden, 908mまで、湖、Weesen, 428mから徒歩で行くことにしました。ガレリーと呼ばれる見通しの良いこのトンネルは待ち合わせに向かい途中で撮ったものです。

e0356046_04213178.jpg

車道を歩くなんてもってのほかですし、以前歩いたルートは日が燦々と照っていて暑いことこの上なしだったので、初めて歩くこの歴史的ルート、というやつを選んでみました。その昔、まだ車道なんかが発達していなかった1882年に開通したこのルートを使って、人力で荷揚げをしていたそうです。お医者さんも牧師さんも事ある毎にこの道を行ったり来たり。段差の少ない石階段で出来たルートです。当時、これだけの石を積み上げるだけでも相当の仕事だったと思いますし、何より2000年から5年間かけて修復されたそうですが、当時の様子を妨げるようなコンクリートなどは一切使われていません。

e0356046_04215242.jpg


気持ちの良い登山道入り口です。300段くらいまではなんとか数えましたが、何せ段差が少ないもので3段抜かしなんかをしているうちに訳が分からなくなってしまいました。(苦笑)1000段以上はあるそうです。

e0356046_04214189.jpg

こんな調子で500mほど標高を稼ぎ、待ち合わせのAmdenに到着。
今日の依頼は、小さな犬を連れて登れる山、ということで冬山でおなじみGulmen, 1789mをめざします。Amden-Arvenbüelは特に歩いていて楽しい区間ではないので車にてショートカット。スタートはArvenbüel, 1273mです。

e0356046_04220118.jpg

夏に見るとなんだか見知らぬ山みたいです。

e0356046_04222207.jpg

本日のお客さま。人間の3倍は走り回ったんじゃないでしょうか。

e0356046_04223190.jpg

夏はジグザグに降りられるここ。冬山は直滑降ですからねえ。なんだかすごい違いです。

e0356046_04224904.jpg

冬はこの屋根の上で休憩するんですが、雪が積もっていないと屋根に登ることすらできません。(笑)

e0356046_04225756.jpg

e0356046_04224023.jpg

e0356046_04230833.jpg

e0356046_04231710.jpg

ということで高山植物もいよいよ夏の花になってきました。
楽しいツアーをありがとうございました。





e0356046_03420626.jpg


そしてまた二人分のリュックサックを背負うことになった私なのでした。(笑)
前後の通気が塞がれると余計に暑いんですよねえ。。。。

[PR]
by alpinistin | 2016-07-06 04:44 | T2 簡単な登山 | Comments(0)