Sternen-Forstberg-Druesberg-Weglosen

出発地 Sternen, Einsiedeln駅よりPostautoにてWeglosen, Hoch-Ybrig下車。大型ゴンドラでSeebli、リフトに乗り継いでSternen
到着地 Weglosen, Postautoが1日に5本ほどあります。(2016年現在、最終が16時47分)
登山日 2016年9月13日
難易度 T4-T5
標高差 登り580m、下り1400m

公共交通機関を使うと、バスやゴンドラの最終時間がとても気になります。今日行って来たHoch-Ybrig、Postautoの始発がEinsiedelnを9時少し前。最終が17時前という、登山客にはあまりうれしくない設定です。ゴンドラに乗ると歩き始めが10時近くになりますからコース配分には気を使います。その上初めて登る山ですから、もしもの事態に備えて1時間ほど多めに。。。自然にゴンドラで登れる所まで登ってしまうルートが残りました。

e0356046_02154557.jpg

第2の災難。。。。バス、ゴンドラとも小学生の遠足とシニア団体で満員。急遽バス2台での出発です。Sternen, 1810mからは色々なコースがあるので、そこまではうるさいことこの上なし。シニアの団体はうるさいだけでなく、切符売り場で平気で割り込みをして来ますし、本当に参りました。なのでリフトを降りて青白コースへ逃げ込み一息ついたところでヤッケを脱いで、ストックを準備。写真も1枚。本日の目的地、Forstberg, 2215mと、奥がDruesberg, 2282mです。さすがに人はいません。(笑)(出発9時45分)

e0356046_02155411.jpg

朝露でまだ濡れていて結構滑る、そしてかなり狭い稜線を過ぎるといよいよこんな調子です。地図で見ると、2010m辺りから2030m辺りまで直登しているみたいです。この部分、かなり長かったです。ケッテが次の稜線までずっとのびていました。ここはできることなら下山したくないなあ、と思いながら登っていました。この部分を通過すると、幅広い稜線から山の背を直登します。
何せ時間が心配ですから登ることに集中して、あっという間にForstberg到着です。(11時到着)

e0356046_02155917.jpg

頂上では水だけ飲んで次の目的地へ急ぎます。(あと1時間くらいかなあ?という想定でした。)一旦、100mほど下ります。ザイルが張ってあった場所が1カ所ありました。(あって良かった、と思うザイルです。)

e0356046_02160826.jpg

ものの本によると、第2の難所だそうです。(第1の難所はForstbergのケッテの場所。)1940m付近だそうです。青白マーキングが上下2重にあってちょっと迷いましたが、上の道へつながるマーキングを進んでください。

e0356046_02161817.jpg

これから歩くのでしょう道をアップで。
結果。雪があったら通りたくない道ですが、乾いている分には問題ないかなあ?

e0356046_02162560.jpg

さっきまでいた頂上がもうこんな遠くに。。。。

e0356046_02164156.jpg

Druesbergはひたすら稜線を登り、やっぱり山の背を登りますが、こちらの背のほうが急登です。補助ケッテのある場所が2カ所あります。季節はもう秋ですね。

e0356046_02163363.jpg

e0356046_02165553.jpg

で頂上到着。(11時50分)左上はGlärnischです。頂上付近はかなり切立った稜線を歩くのですが、最後の20mが歩けずにそこで休憩をしている人もいました。お手伝いしようにも、高所恐怖症は個人の問題ですからねえ。。。。。

e0356046_02210017.jpg

頂上は3人組と私たちだけでした。ということで恒例の写真。久々の青白コースでうれしいのがバレバレです。(笑)

e0356046_02170443.jpg

時間も気になりますから、12時半に下山開始です。
Aconitum、日本名でトリカブト。最盛期です。

e0356046_02171198.jpg

ここが下山の際の分岐。Weglosenまで2時間5分の表示ですが、昨晩インターネットで色々調べた所、3時間というのが相場みたいです。。。。(分岐点12時50分)

e0356046_02173046.jpg

またこんな感じで下山です。

e0356046_02174296.jpg

ものすごい岩場で、もしもこんなのが落ちて来たら嫌だなあ、と。。。。写真を1、2枚撮ってさっさと通り抜けます。
ここを抜けると、牧草地になり、牛が草をむしゃむしゃ食べていたり、Druesalp, 1500mくらい、というアルプで一旦アスファルトの道へ出ます。レストランもあったのですが、何せ時間が分からないので先を急ぎます。(14時すこし過ぎていました。)
ここからWeglosenへ下山するのには2通りあります。引き続き青白コースか赤白。赤白のほうが20分ほど長いようです。ということで何も考えずに青白へ。

e0356046_02181566.jpg

そしたらこんなでした。(涙)これが最初から最後までずっとです。。。。。。お金をかけて整備されているのは分かりますしとっても有り難いのですが、何せ地形が悪すぎます。一歩一歩足下を確認しながらの下山です。

e0356046_02184556.jpg

はしご、降りる前に一枚。

e0356046_02195099.jpg

はしごが出来る前はここが公式登山道だったみたいです。ケッテなんかがまだ残っていました。ちょっと見た感じでは、まだまだ使えそうでしたが、これから整備されることもないか、と思うとちょっと嫌ですね。

e0356046_02200027.jpg

はしごを入れてこの部分の全体像です。
この後もものすごい急な下りで、一歩間違えたら死ぬなあ、という緊張感が最後の最後まで続きます。
ここ、登りよりも汗かいたんじゃないかしら?
ということで無事下山。15時でした。(本日一番長く感じた1時間弱です。)ということで最終1本前の15時47分のPostautoに余裕で間に合いました。ははは。

本来、時間を記録するのは無意味だと思っているのですが、このコースは時間の制限がかなり大きいので一応の目安に書いておくことにしました。結局、ほぼ表示時間通りに歩いた計算ですが、テンポは早めに設定されているような気がします。(州、市によって設定具合が違うんですよねえ。。。。目安時間は地形と標高差で数学的に割り出すそうですけれど、やっぱり実際に歩いてみると違うことが多い気がします。)

[PR]
by alpinistin | 2016-09-14 02:57 | T4 難しい登山 | Comments(0)