Wettswil-Stallikon-Baldern-Wollishofen(Zürich)

出発地 Bonstetten-Wettswil (国鉄SBB駅)
到着地 Wollishofen (トラム、バスにて市内中心地へ)
登山日 2017年2月20日
難易度 T1-T2
標高差 200mを2回ほど

10月から関わっているプロジェクトが今週末いよいよ大詰めなのですけれど。。。。。(ってブログには関係ないですね。)大詰め間近になると、突然自由になる日が出来たりするのが面白い所。。。。。。。(って増々関係ないですね。)
とにかく、ぽっかりできた一日を使って、市民の裏山Uetlibergの反対側から市内へ戻ってくるルートを歩いて来ました。

e0356046_04521280.jpg

Bonstetten-Wettswil, 525m という駅で降りると、プラットフォームの向かい側にこんな池が見えるんです。この駅を通過する度に気になりつつ途中下車をしたこともなかったもので、思い切ってここで下車。
プラットフォームのすぐ脇にあるはずの池、駅からかなり遠くまで歩いて踏切を渡り、さらに遠回りをして駅まで戻る、という具体的には徒歩20分!の道が待っていました。

e0356046_04523108.jpg

写真右側が駅なんですけれどねえ。。。。。

e0356046_04525920.jpg

とにかく、凍った池や湖のファンなもので、20分歩いて、更に池をぐるりと20分ほどかけて歩きましたよ。
目的達成したものの、このまま家に帰るのも癪だ、と思い、取り敢えずお隣の村Bonstetten, 540m まで歩くことに。
Wettswil-Bonstettenと村の名前が立派に冠してある駅から徒歩30分ほどで到着する村!スイスの田舎ってどこもこんな調子なんですよねえ。。。。。
とにかくBonstetten村に到着し、村の真ん中にある教会を目指します。郵便局、スーパー、パン屋さんから我が黄色の道しるべに至るまで、教会を目指せば全て見つかるのもスイスの田舎です。。。
ここでZürich市内まで徒歩で戻れることが判明。Schweizmobileで確認すると、2回ほど丘を超えると到着するらしいことが判明。ということで、目的地をZürichに定めて最初の200mを登ります。
とは言え、アスファルトですよ。最初100mほどば住宅街です。斜面に建つ住宅街、これもスイスの田舎の特徴でしょうかねえ。。。(だからみんな元気なのかもしれません。だって毎日100m登ったり降りたりしていたら足腰鍛えられますよ。)途中から森の中へ。

e0356046_04533739.jpg

こんな池 619m が隠れていました。この池は黄色の標識沿いにはありませんでした。なんだか奥のほうで白く光っているなあ、ちょっと気になるなあ、と道を外れて薮の中を抜けたらあった池です。名前もなさそうです。。。。。

e0356046_04531002.jpg

池の周りはご覧の通り、溶けていますが、真ん中辺りはまだまだ立ち入れそうな雰囲気でした。
でまた登山道へ復帰です。

e0356046_04535521.jpg

森を抜けると一旦下ってÄgerten, 555m という村に到着。そして Balderen 730mまで登り直しです。これが想像以上にきつい登りでした。(苦笑)
ここからは写真も撮らずに考え事でもしながらひたすら歩いたようで、残念ながら何もお見せできません。。。。。
市内方面への下り、激下りというやつです。足下は砂利なので転ばぬよう、ご注意くださいまし。

市内に到着した後は、ちょうど映画の開始時間だったものでこれまた何も考えずに映画館へ。休日をがっつり楽しんだのでした。






この間の散歩で初めて知ったジュラ地方のおやつ、Toéché。
早速家で焼いてみました。Zürichの友人たちは誰も知りませんでした。これまたスイスらしい反応です。。。
自分に興味のないことは何も知らない。でも興味のあることはプロよりも詳しい。。。(笑)

e0356046_04514867.jpg

[PR]
by alpinistin | 2017-02-22 05:27 | T2 簡単な登山 | Comments(0)