Walenstadt-Quinten-Weesen その2

その1からの続きです。
普通の遠足ならQuintenでお昼を食べるなり、お茶を飲むなりして、船で向こう岸の国鉄SBB、Murg駅かUnterterzen駅へ渡り、そこから各方面へ向かうのが丁度良いのですけれど、なにせ日頃の鬱憤!を晴らさぬことにはビールも飲まない、家にも帰らない、と決めていたもので、先へ進みます。

e0356046_02052245.jpg

村の特産品、Federweissという特殊な白ワイン畑です。我が家の軟弱ブドウとは違って、先週の寒波(霜)も物ともせずに元気そうでした。(気になってブドウ農家さんに聞いてみたところ、寒かったけれど霜は降りなかったそうです。)

e0356046_02044469.jpg


そしてまた登りですが、こんなに気持ちの良い登山道ですから文句もありません。

e0356046_02455357.jpg

この先はちょっと危険でした。ご覧のように落石がかなり激しい場所が2カ所ほど。それから私の鼻先を2度結構な石が落ちて行く場面もありましたから、雪解けや大雨の後は注意したほうが良さそうです。

e0356046_02464664.jpg

ちょっと見えにくいのですが、黄色の看板右斜め下、水汲み場です。ここ、結構登った上に、道幅も狭く、険しかったですよ。

e0356046_02470063.jpg

登りきると今度は下り。ものすごい水の音が聞こえて来たもので、まずは下を見て。

e0356046_02471002.jpg

だだーん。Rinquelle, 538mという滝。実はこの滝壷にたどり着くのに、冒険心を出してしまい、地質、水質調査用のETH工科大学で管理している獣道をこっそり使ったら、エラい目に合いました。手足動員はもちろんのこと、体感90度の水しぶきで濡れた草の斜面、大きな岩の上をまたぎ、間をくぐり抜け、ということになりましたので、普通の方は黄色の看板の指示に従って下さいまし。

e0356046_02472350.jpg

ちなみにここは登った斜面の一部です。(とほほほほ)一般道を登ると展望台から滝を眺める事ができ、この写真は展望台から見下ろして撮ったものです。

e0356046_02473312.jpg

下まで降りて来て、滝の全体像。すごい迫力です。冬の間、滝が凍っている間に横穴へ入って地質調査をするのだとか。工科大学の学生ってすごいことをするものです。。。

e0356046_02474334.jpg

ということでBetlis, 516mを過ぎると、目的地、Weesen, 423mも目の前です。(徒歩45分の表示あり。)

e0356046_02475253.jpg

さて、ここBetlis村まではWeesenから車が入れます。が、道幅が極端に狭いので、時間によって進行方向が替わります。そのお知らせの看板です。

e0356046_02480314.jpg

どのくらい狭いか、というと、このくらい。歩行者はギリギリまで寄って車の通過を待ちます。

e0356046_02481478.jpg

2度程、こんなトンネルもくぐるのですけれど、真っ暗で車に乗った人間に歩行者が見えるのか、ちょっと恐ろしかった場所です。

e0356046_02482886.jpg

湖は時間が経っても地中海かアドリア海の様相を保ち。。。。

e0356046_02485685.jpg

よって、こんな場所で最後の休憩、そして今週最後の太陽をしっかり浴びて。。。。
この後はつまらないアスファルトをバス停まで歩き、終了です。
長々とおつきあい、ありがとうございました。

[PR]
Commented by ありばば at 2017-04-25 06:24 x
日ごろのうっぷん晴らしができてよかったですね!
長い道と激しい上り下りがうっぷん晴らし…ふふふ。
すごく高い滝!見事ですね。これほど高い(長い滝)は
スイスでも珍しいのでは?そのすぐ下の写真は日本人なら
憧れそうなとてもスイス的な写真で、カレンダー写真になりそうです!
Commented by alpinistin at 2017-04-26 01:25
> ありばばさん
鬱憤、晴らしたつもりですが、今週の天気予報にまたもやガックリしています。。。
自然相手ですからねえ。。。
ここの滝は雪解け時期には見応え十分ですよ!(有名なラウターブルンネンにも負けない、と思っています。)
今回は例のごとく無茶をして滝壷まで近づいてしまいましたが、少し離れた所に展望台があって、そこから見てもすごい迫力です!
スイスカレンダー写真。。。。牛が欠けてます!牛!!(笑)
Commented at 2017-04-29 05:37
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by alpinistin at 2017-04-29 17:29
鍵さん
どうもありがとうございます!
早速そちらへ。。。。
Commented by toti-51 at 2017-05-02 16:51
こんにちは、昨日はありがとうございました。
スイスに住んでおられるのですね。
図鑑でしか見たことのない高山植物に大興奮です。
すごいなぁ、クロッカスの群生地があるのですね、
あのピンク色の下向き加減の花も憧れの高山植物です。やはり自然の中に咲いてる花はいいですね。
Commented by alpinistin at 2017-05-03 02:31
toti-51さん
リンクの快諾、どうもありがとうございます!
ようやく張り付けました。
植物、というか自然って可憐なのにたくましくて、私のお手本です。
高山植物、山の中で目が合うというか、はっと気付かさせられます。それで私も興奮して、しっかり眺めてから写真を撮って、家で漬物石くらい重たい辞書を開いて名前を調べます。(笑)
by alpinistin | 2017-04-25 03:14 | T2 簡単な登山 | Comments(6)