Brienz-Brienzer Rothorn-Brienzergrat-Interlaken

出発地 Brienz
到着地 Interlaken
登山日 2017年8月13日-14日
難易度 T5
標高差 3000m

e0356046_16494671.jpg

マニアックな稜線があると聞いて、山友と一緒に行ってきました。
1日目はBrienz, 566mからBriener Rothorn, 2244mまで1700mほど午後からさくっと登ります。けれど、登山道は蒸気機関車の線路に沿ってですし、登山道と呼ぶには少々おこがましい舗装された道が大半です。

e0356046_16495472.jpg

Brienzは木の彫刻が盛んな街ですので、所々にこんな面白い彫刻があったりします。

e0356046_16500210.jpg

こんな感じで高度を上げて行きます。

e0356046_16501635.jpg

はい、頂上ですよ。(これは夕飯の後に撮ったもの。)Rothornにあるホテル、簡素ですが必要なものは全て揃っているし、融通が効いて従業員がとっても親切な良いホテルでした。ちなみに、この周り、狩猟が禁止されているので、山羊(シュタインボック)が沢山いましたよ。
この日の教訓。靴底の固いアルピン仕様登山靴でこういう道を登るとかかとに豆が出来ます。ということで初日はエラい目に合いました。(楽しくない登山道を1700mと豆。。。。)

e0356046_16502356.jpg

翌朝、7時出発です。Berner Alpenの有名所がずらりと集合ですけれど、どれがEiger, Mönch, Jungfrauなのか見当もつかず。

e0356046_16503087.jpg

本日の(私にとって)一番嫌だった階段。何せ濡れているので滑るのか滑らないのか分からない上に脇に沢山いた羊が落石してくれましてねえ。。。ああ、ここは嫌だった。

e0356046_16503919.jpg

本日のメニューです。稜線を登ったり降りたりで標高差2000mほど、(登り1300mちょいと、下り2900mちょいと)距離にして20km弱歩くそうです。

e0356046_16504571.jpg

一番後ろに見える頂上からここまで来ました。山友が登ってきているのが見えるでしょうか?

e0356046_16505136.jpg

そして、ものの本によると本日最難関らしい、Tannhorn, 2220mのお出ましです。

e0356046_16505696.jpg

はあ、これを登るんですね。いいですよ。

e0356046_16521794.jpg

山友、登り口に突入です。ザイルがありましたけれど、頼りにならないので、精神安定剤程度に考えろ、と件の本に書いてありました。登りには全然必要ないかなあ?というのが私の感想ですし、朝の階段に比べたらここは余裕でしたよ。まあ、難易度は個人的な問題ですからねえ。。。

e0356046_16511749.jpg

まずは前座を登って、頂上を目指します。
ちなみにこの稜線、公式登山道ではないですし、左右がかなり鋭く切れていますので、高所恐怖症の方にはおすすめしません。この登山道は一人で歩くか、山友以外の人間は絶対に連れてはいかれないね、と話しながら歩いていました。もしもザイルでつないで誰かを連れていて、その誰かが落ちた場合、自分も反対側へ飛び降りるしか滑落を止める方法がないような場所ですのでザイルシャフトはやめたほうがいいかと思います。

e0356046_16513153.jpg

Tannhorn到着。唯一十字架が建っていた頂上です。ここで本日予定の3分の1を歩いた計算です。まだ元気もあります。

e0356046_16512598.jpg

これが残り3分の2ですけれど、全部で9つ頂上を訪ねる計算です。

e0356046_16514140.jpg

そしてこちらが歩いてきた道のり。出発地は一番奥ですから、結構歩いたような気がしますが、まだ3分の1です。

e0356046_16514926.jpg

次なる頂上。ここを登った時が一番きつかったです。斜面を横切って次の稜線へ出られないものか、と一瞬本気で考えたほどですが、斜面歩きが稜線歩きや手足動員の登りよりずっと神経を使い、テクニック的にも難しかったのが印象的なルートでしたからねえ。。。

e0356046_16520246.jpg

ということでここから最後の頂上、Augustmatthorn, 2136mまでは写真らしい写真も撮ってありませんでした。

e0356046_16515422.jpg

写真が前後してしまいますが、これが最後の頂上、Augustmatthornへのアタックです。ここへの最終アタックも結構きつかったですし、かなりアドレナリンが出る登りでしたよ。

e0356046_16520941.jpg

そして頂上にて。この頂上へは公式登山道があるので、数人登山者にも会いました。
そしてここからがホロートリップ。赤白看板にHarder Kulmまで2時間半とあります。。。。絶句。というか信じられません。だって、あとは降りるだけ、ルンルンと思っていたものでして。。。。

e0356046_16523303.jpg

どうやら稜線の一番先端まで歩いてそこから一気に下るらしいです。

e0356046_16524922.jpg

標高が下がるに連れて、森の中へ突入。こんな慰めもあるものの。。。。。。。
AugustmatthornからInterlaken, 566mまではそれだけで1回分の登山です。稜線の高度感を心の中で楽しみながら木の根っこだらけの森の中を登ったり降りたりは、かなり辛いものがありました。それに本来なら楽しいはずの森歩きを楽しめなかったのは残念です。何はともあれ、無事下山です。

今回の標高差は、全ての登ったり降りたりを計算したものです。稜線自体は1900mと2200m辺りを登ったり降りたりですけれど、集中力が必要ですし、細かく登ったり降りたりは、思ったより体力を消耗します。
ほぼ全ての頂上、登り、下り共に手足動員です。今回はストックを持って行きましたが、ピッケルのほうが便利だったような気がします。
疲れたけれど、楽しいツアーでした。(笑)

[PR]
Commented by ありばば at 2017-08-17 21:49 x
以前にバッハアルプゼーからファウルホルンへ上り
そこから崖の下をのぞいてみたら、ブリエンツ湖の
不思議な美しい青色の水が見えて、とても驚いた記憶がよみがえりました。
ブリエンツ湖の反対側の電車の車窓からずっと見えている
荒々しくも魅力的な山々…ここをずっと歩いたのでしょうか?
すてきな山歩きをゆっくりとpcで見させてもらえるありがたさを感じながら…
Commented by alpinistin at 2017-08-18 05:21
> ありばばさん
Bachalp?? Faulhorn??ってな調子だったもので、地図で確認しました。(苦笑)
そうです、そうです。不思議なトルコブルーをしたBrienzerseeを見ながら。。。。
ありばばさんが世界の車窓からご覧になっただろう山々です。
無名な山なので変な登山客にも遭わず、のんびり歩いてきました。おかげさまで10時間もかかりましたとさ。(がはははは)
山はやっぱりいいですねえ。。。。。(すでに次の頂上をどこにするか考えています。)
Commented by 馬牛 at 2017-08-21 12:10 x
大変なところですね。無事帰宅できたことを感謝しなさいよ。
Commented by alpinistin at 2017-08-22 03:28
> 馬牛さん
は〜い。
大変というより楽しかったですよ。
by alpinistin | 2017-08-15 17:33 | T5 非常に難しい登山 | Comments(4)