Avegno-Ponte Brolla

出発地 Avegno, 294m
到着地 Ponte Brolla, 254m
散歩日 2018年1月14日
標高差 100m
難易度 T1

e0356046_05104337.jpg

少し前のことになってしまいますが、この辺りで日記を更新しないと、向こう先山へ行かれるのは随分先の事になりそうなものでして。。。。いやはや、天気が大暴れしているというか名前の付いた立派な嵐が次から次へ吹き荒れて、間に1、2日晴れて気温が上がるというのが続いているんです。
有名どころ、ZermattやAndermattは陸の孤島となっているみたいですし、現在Davosで開かれているWEFでも警備やら空路の計画やらが大変なことになっているみたいです。

私にとっての最大関心はなんといっても雪崩。。。。
この様子ですと、しばらくはスキー場でのんびりスキーでもしているのが一番安全そうです。

さて、先週の散歩。また〜?と言われそうですが、イタリア語圏はBignascoに遊びに行っていました。上の写真はMadonna。年越しはなんでも腰まで埋まる程雪が降ったそうです。

e0356046_05105394.jpg

冗談でHallimasch (そこら中の倒木に生えてくる、食べられるけれどおいしくないキノコ)と呼んでいる、Hamamelisという花が満開でした。

e0356046_05110473.jpg

ということで、日曜日に家を片付けてから途中バス停、Cevioまで1時間くらい徒歩で下ります。Cevioからバスに乗ってAvegnoで下車。そこからMaggiaにかかる吊り橋を渡って森の中へ入ります。

e0356046_05111480.jpg

森の中は結構寒くて凍っていました。

e0356046_05112081.jpg

年輪みたいなキノコ発見。

e0356046_05112695.jpg

これが全体像です。ちなみに、この森、Maggiaに沿って赤白マーキングがあり、登山道もかなり整備されていました。イタリア語圏の人にとっては、この程度でも赤白マーキングです。(100mくらい所々ツルツル滑る岩を登るので、登山靴のほうが良いと思います。)

e0356046_05113353.jpg

この間の嵐で倒れた木でしょうか?このまま放っておくと納屋の屋根が崩れそうです。

e0356046_05114087.jpg

日の当たっているところはきっと暖かいんでしょう。。。

e0356046_05115291.jpg

私たちのいる場所はこんな感じです。。。

e0356046_05115845.jpg

なんとなく形がスイスを横から押しつぶしたような形の苔。

e0356046_05120441.jpg

雪も残っていますし、何より凍っていました。

e0356046_05114718.jpg

一応、赤白マーキングがあります。(見えますか?)



e0356046_05121050.jpg

この家、売りに出ていました。買ったとしても車が入れないので、家の修復がやり難いでしょうし、何より日陰なので寒い。。。。きっと売れないでしょうねえ。。。。雰囲気が良いのに残念です。

e0356046_05121662.jpg

ジャーン、増水して大変なことになっている水路。

e0356046_05122259.jpg

淵までぎりぎりですね。

e0356046_05122855.jpg

Maggiaはいつでも穏やかです。なぜって、水力発電の為に水量が常にコントロールされているんですよ。

e0356046_05123601.jpg

ということで、2時間ほどの散歩を楽しんで、たまたまイタリアから来た電車がホームに入って来たので、それに飛び乗ってLocarnoまでショートカットしてしまいました。ははは。

これからスキーへいらっしゃる方、雪崩情報には十分に注意してください。


[PR]
Commented by tomomato at 2018-01-24 17:35
もう本当にそこらあたりはうちの近所かと思うような(ッて近所ですけれど笑)光景ですね。家の作りも自然も。 数年前にうちの近所もきちんとWanderwegのサインが作られました。うちのあたりは SprinzWEGの通り道もあるし、スイス人が出した(これから出す?)ハイキング用の本もあるので結構人が来ますよ。   気軽にイタリア語圏に行けていいなあ、と思ったけれど、 バス停まで降りるのに一時間? ってことは、家まで行くのに一時間登るのですか? 
Commented by ありばば at 2018-01-24 22:22 x
茶色っぽい黄色のこの花はマンサクのようですね。
ハマメリスというのはアメリカマンサクのことだと
ネットで見たら書いてありました。
マンサク…まず咲く(早春に咲く)から転じてマンサクとなった…。花のない時期に強烈な色合いで咲いてくれるから わ、と感じるけど、変わった花の形ですね。
どこへ行っても雪景色のスイスでは、冬は歩くのが大変ですね。春が待ち遠しい…
Commented by alpinistin at 2018-01-25 04:20
> tomomatoさん
うふふふ。国境などあってなきものですものねえ。北イタリアの石の家って渋くて素敵だなあといつも感心して眺めています。石の配列ひとつとっても芸術的なんですよね。ドイツ語圏にありがちな息の詰まりそうな建物ってないですよね〜。(あ、新築を除いてですよ。)
Tomoさんお住まいの近所を紹介したと思われるハイキング用の本、見た事あります!今度じっくり立ち読みしてみます!(苦笑)
バス停まで、1時間かかりませんて!!ははは。一番近くのバス停までは登山道を20分くらい下ったところです。でも1時間に一本しかバスが来ないので、それを逃した私たち、歩けるところまで歩こう、ということになった次第です。わははは。
Commented by alpinistin at 2018-01-25 04:25
> ありばばさん
なるほどなるほど。日本にも咲くお花なんですね。確かに強烈な色合いで目立ちます!これは紫の花に赤いガク?の木でしたが、お隣には黄色いガクの花が咲く種類も植わっていました。そちらはまだ開花していませんでした。
まず咲く、マンサク、いい名前ですね。
今年の冬はちょっと異常です。雪が沢山降って、気温も低く安定してくれていれば問題ないのですけれど、気温がジェットコースター並みに上がったり下がったりするのでせっかく降ってくれた雪が安定せず、あちこちで雪崩が起きているんです。そちらの雪もすごかったみたいですが、ありばばさん、ご主人さま共に大丈夫ですか?無理せず、家に籠るのもひとつの案ですよね。
春、待ち遠しいですね。(今日、今年初のスノードロップを見つけました!春、来ますよ!!)
by alpinistin | 2018-01-24 05:37 | T1 散歩道 | Comments(4)