Matt(Weissenberge)-Gulderstock-Matt(Weissenberge)

出発地 Weissenberge, Mattからゴンドラ(2018年夏期、始発7時55分)
到着地 出発地と同じ
登山日 2018年6月25日
標高差 1300m
難易度 T4(途中からマーキングがありません)

e0356046_03410012.jpg

SAC, スイス山岳会デビュー登山に行って来ました。

e0356046_03411859.jpg

それにしても天気が。。。。小雨の降る中、傘をさしながらのスタートだったので、森林限界点を抜けるまでは写真もありません。それにしても、最近の山の天気は本当に変わりやすいので、荷物が増える一方です。

e0356046_03411302.jpg

本日のツアー参加者(私も入れて6人でした)。ツワモノばかりで最初はおっかなびっくり。。。だって皆さんの話す山のスケールが違いすぎて、ふむふむと聞くより他ないですからねえ。。。で、いよいよお前さんはどこの山へ登ったことがあるのか?と話が廻って来た時に、本日の隊長だったCh氏がさらりと、この間この新米と新雪のTödiに登ってねえ、エラい目に合ったよ〜と助け舟を差し出してくれたおかげで、どうにか仲間に入れてもらえることになったようです。(苦笑)(スイス人って結構封鎖的な所があるんですよ。)

e0356046_03412410.jpg

時々、霧が晴れてなんとなく周りの景色が見える事があるものの、基本的には派手な登山装備以外、何も見えません。こういう所に来ると、登山用品の派手な理由が何となく分かります。奥のビヨーンとのびている所が頂上です。

e0356046_03413158.jpg

山岳会の山登りですから、マーキングのされた山なんかには登りません。霧の中を地図とコンパスを頼りにルート開拓です。Gulderstock, 2511mが最初の目的地です。周りに目標物がなにも見えないと、ルートの難しさだとかも全然見えて来ないので、随分苦労しました。


e0356046_03413912.jpg

途中で何度かグループ内でディスカッションが繰り広げられます。どのルートを執るべきか、引き返した方がいいんじゃあないのか?6人の意見が一度3対3で別れた時の隊長が下した判断とその後の対処法なんかは、山だけでなく日常生活でも十分に活用できるなあ、と感心しました。新米だろうが、一度認められたら私の意見も一つの意見として採用されますから、状況判断や地図の読み方、必死でしたよ。こういう所が日本でのグループ登山とは違う所なんでしょうね、きっと。

e0356046_03415575.jpg

何度か登り直して到着した頂上ではグループ写真も撮ったのですけれど、さすがにそれは載せられないので、さっきまでいた頂上から20mくらい下った辺りで頂上を撮った写真でご勘弁くださいまし。霧の恐ろしさったらないですよ。後ろにうっすら見える影の上が頂上です。その上、濡れた草っ原は雪の次くらいに滑りますからねえ。。。。

e0356046_03420226.jpg

そんなわけで、お隣のGulderturm, 2481mへ登ろうかやめようか検討中の隊長と隊長の右腕。岩が濡れていなければ余裕で登れる崖でしたが、6人全員を危険にさらすことはない、ということで、Turmはやめにして下山します。

e0356046_03395540.jpg

難所、その15くらいでしょうか。。。。(笑)

e0356046_03422727.jpg

土地がGranitだと黄色、カルキ質だと白くなるPulsatilla。カルキ質な土地のドイツ語圏でも黄色バージョンが咲く場所があったのか、と隊長と驚きを隠せず。。。ちなみに、黄色のPulsatillaは、硫黄アネモネと呼ばれています。Pulsatilla apiifoliaです。

e0356046_03421320.jpg

今年初のNigritella Nigra、バニラの香りをこれでもか、というほど吸い込んできました。(なんだかジャンキーみたいですよね。。。)

e0356046_03423990.jpg

そして何となく晴れて来そうな登山道を結構なスピードで下ります。

e0356046_03423209.jpg

Pseudorchis albida

e0356046_03424866.jpg

この方の名前が分からない。。。。

e0356046_03425577.jpg

そんなこんなで帰る寸前には晴れ間がひろがってくれたのでした。
ということで山岳会ツアー、無事デビューしました。(祝)

ここだけの話ですが、最近1500m以上登る登山ばかりしていたので、1300mくらいだと、え?もう着いたの?という変な感覚に襲われます。あははははは。。。。

[PR]
Commented by ありばば at 2018-06-26 09:00 x
スイス山岳会デビューおめでとうございます。
お天気が良かったら、さぞや素晴らしい山々の景色が広がったことでしょうね~1枚目写真からスイスの名花、アルペンローゼの群落が何気なく披露されていますし。
黄色のお花、pulsatilla apiifolia は検索してみるとキンポウゲ科オキナグサとありました。オキナグサは紫色系~白色が多いのですね、黄色は確かに珍しい。日本では白い毛が多くて、確かに白いひげのお爺さんのイメージがある。けど
この花はそのイメージはなく、和名のオキナとは程遠くて美しくたおやかな娘さんの感じで素敵ですね。
オキナグサ
Commented by alpinistin at 2018-06-27 03:39
> ありばばさん
どうもありがとうございます。
そうなんですよね〜、お天気さえ良ければ有名どころがズラズラと勢揃いしているんだとか。。。アルペンローゼはもう終盤でしたよ。今年はなんだか春と夏が一遍に来たみたいでなんだか変な感じがします。
ありばばさんも素敵なお花見登山を楽しまれたようで、こちらには咲いていなさそうな花の数々を楽しみに拝見しました。
Pulsatilla, アネモネは日本ではオキナグサというカテゴリーに分類されるのですね。オキナとは何ぞやと思っていましたが、やっぱり翁でしたか。じいさんというイメージではないですよね、本当に。。。。
Commented by みいちゃん at 2018-06-27 20:00 x
あの~!!!
普通 山歩きって初心者は前の方を歩くのではないですか・・・
写真を撮っているって事は 一番後ろをとぼとぼ歩いているのですか もし遅れておいていかれたらどうするのだろう?と心配しながら読みました。
でもまぁ 無事下山できたようで 何はともあれ スイス山岳会参加おめでとうございます。
Commented by alpinistin at 2018-06-28 02:42
> みいちゃんさん
え?そうなんですか?軍隊の行進でもあるまいし。。。。歩く順番はバラバラでしたよ。先頭を歩いてみたり、一番後ろを歩いてみたり。。。共通の知り合いがいることが分かったE氏とは下山中に話し込んでグループから随分離れてしまったこともありましたけれどねえ、自己責任というか、みんな自由です。
山岳会入会はここ数年ずっと考えていたのですが、一見さんお断りなものでCh氏が推薦してくれるというチャンスを逃す訳にはいかん、と末席に登録させていただきました。
(そちらの仕事はどうですか?一段落しました?)
by alpinistin | 2018-06-26 04:28 | T4 難しい登山 | Comments(4)