Matt(Weissenberge)-Gulderstock/Gulderturm-Matt(Weissenberge)

出発地 Weissenberge, Mattよりゴンドラにて400mほど稼ぎます。
到着地 出発地と同じ
登山日 2018年8月12日
難易度 T4(Gulderturm T5+)
標高差 1300m

e0356046_03550327.jpg

いやはや、フランスくんだりまで出稼ぎに行っていたもので、1週間以上山はもちろんのこと、フィットネスにも行かれず。。。。とてつもなく体がなまっていました。
ここらで喝を入れないと、ということで前回、SACツアーで行った山、Gulderstock, 2511mを訪ねて来ました。
なんでも1ヶ月くらい前にマーキングされて、公式登山道になったという噂を聞いていたものでして、興味津々です。

e0356046_03550840.jpg

前回とは違って青空がくっきり。周りの山もよく見えています。ちなみにこの景色に出会う前にすでに700mほど登っているんですが、森の中って私の苦手な場所みたいです。写真が一枚もありませんでした。森林限界を過ぎると途端に元気になるんですよね〜。あははは。

e0356046_03551533.jpg

もう秋ですよね〜。下界の気温は未だに30度に届く毎日ですが、山の上はかなり涼しいです。

e0356046_03551982.jpg

そして、噂のマーキングがありましたよ。

e0356046_03552646.jpg

マーキングがあってもなくても進む道は一つしか無いので、なんとも言えないですけれど、とにかく登ります。なまった体にはきついですわ。。。

e0356046_03553225.jpg

左手にGlärnischがよく見えますねえ。。。。

e0356046_03553770.jpg

最近よくお世話になっているBös Fulen, 私のHausberg, Ortstock, 近々再挑戦予定のHöch Turmと見事に勢揃いしている姿には惚れ惚れしてしまいましたよ。

e0356046_03554483.jpg

はい、本日の目的、レゴブロック(笑)が見えて来ました。

e0356046_03555024.jpg

一応、ここまで崖登りしてみました。ここからはなんとÜberhang(って何っていうんですか?角度が90度以上の崖登り。)これはザイル無しでは危険すぎると判断してTurmのことは一度諦めます。

e0356046_03555658.jpg

ということで写真中央のGulderstockを目指します。

e0356046_03560296.jpg

でも諦めきれずに取りあえず写真を撮ってみたりするんですよね〜。(ちなみに割れ目から左側の頂上には帰りがけに挑戦して登ってきました。あはははは。)

e0356046_03560892.jpg

ということでGUlderstockからGulderturm, 2520mを拝みます。右側に見えているミニ煙突ところまではなんとか登ったんですよね〜。どうにかならないもんか。。。。

e0356046_03561436.jpg

まあ記念撮影をしたりして自分を納得させて下山に取りかかります。

e0356046_03562209.jpg

Magerein, Spitzmeilenなんかまでよく見えていますねえ。。。一体前回の眺望のなさは何だったんでしょうねえ。

e0356046_03562819.jpg

どうにも諦めきれない、ということで、ミニ煙突の反対側からよじ上ってみました。

e0356046_03563328.jpg

なんとなく登れそうだったもので挑戦しますよ。リュックサックは置いて、カメラと携帯(何かの時の為に)だけ持って登ります。

e0356046_03564208.jpg

ダダーン、到着!!でも本頂上に行くのには割れ目を渡らないと行かれない。。。。。ということで、第2頂上だけで我慢です。ここの崖登り、かな〜りの真剣勝負でした。石がぼろぼろ崩れてくれるもので、一体この石を信用していいものか、何度も手応えを確認しながらの登りでした。下りは更に厳重に手応えを確認。そして足場の確保がとっても大変でした。一カ所なんて2cmくらいしかなかったものでねえ。。。。ここは万人向きではありませんよ!!

e0356046_03564896.jpg

その後はマーキングされた道へ戻り、ありがたくマーキングされた煙突を下ります。(結構嫌らしい登り下りでした。)前回はこの煙突は登らず、ぐるりと廻った記憶があります。ここを通る人が増えると、足場がすり減る上にヘルメットなしでは通れない場所になるような予感がします。

e0356046_03565579.jpg

そして本日のお楽しみ!ブルーベリーの収穫!!

e0356046_03570196.jpg

1時間くらい粘って摘みましたけれど、一粒ずつ摘んだものでたった400gしかありませんでした。一晩砂糖に漬けて明日ジャムにしますよ〜。

ということでほぼ10日ぶりの山。楽しんできました〜。

[PR]
Commented by tomomato at 2018-08-13 06:27
きゃー危ないことまたして〜〜〜  でもすごく景色がいいですね。 ブルーベリー取りに行きたくてしょうがないのですが。 美味しそうだなあ。。。。
Commented by ありばば at 2018-08-13 21:36 x
いい空の色ですね!急に秋めいた感じの空に感じます。
なんだかとっても危ない、ヒヤヒヤしそうな道ですこと。
いやいや道とは言えないなあ。それにしても素晴らしい景色!
どれもこれも絵になる…にしても変わった岩!ここを登るんですかぁ!びっくりです。
ブルーベリーの季節ですね。浅間山の近くではアサマベリーと呼んで、歩きながらほおばって、のどの渇きを潤しますよ。こんなにたくさん採れるんですね~すごい。
Commented by みいちゃん at 2018-08-13 23:11 x
スイス山岳会デビューの時の山ですね・・・
小さい煙突のような岩に見覚えがあります。
しかし・・・お天気が良く岩の状況が分かる写真からは すごくもろそうな岩に見えます。ズルズルと岩がくずれたらどうするんだろう・・・なんて思いながら読んでいきました。
あまり危ない山登りはやめたほうがいいのでは・・・。
だれも褒めてくれないと思いますよ。
Commented by alpinistin at 2018-08-14 02:50
> tomomatoさん
危ないことはしていませんって!!(笑)
そうそう、山はもう秋でした。光だけでなくって、植物も空気もすでに秋ですよ〜。
下界はまだまだ暑くて空気もどんより重たいですよね〜。下界だけにいる人からしたら、秋が来ているなんて信じられないかもなあ、なんてこっそり思っています。
今年のブルーベリー、大粒な上に甘いですよ。(きっとそちらは更に大粒で甘いんだろうなあ。。。。。。)
Commented by alpinistin at 2018-08-14 02:54
> ありばばさん
そうなんですよ。すっかり秋の色や匂いです。ちょっとだけ自分を落ち着けて深呼吸してみると、下界でも秋の気配がひっそりとやって来ているような気がします。
この登山道にマーキングがされた、と聞いた時にはちょっとびっくりとがっかりが混ざった気持ちだったのですが、まあマーキングがあってもいいのかなあ?と思い始めました。
GUlderstock, Gulderturmはマーキングからちょこっとだけ外れているので、知らない人は絶対に訪ねたりしない山でしょうからねえ。。あははは。
ブルーベリー、今年は大漁??豊作です!本格的に採る人は専用フォークで1kg、2kgとがっつり採るんですよ。
Commented by alpinistin at 2018-08-14 02:56
> みいちゃんさん
どーもー。そうですそうです。
お天気が良いと全然印象が違います!岩はかなりもろくて嫌ですけれど、前回のように濡れていなかったのでましでしたよ。
誰かに褒められたくて登っているわけではなくって、自分が楽しいので登るだけのことですよ。あはははは。
by alpinistin | 2018-08-13 04:26 | T4 難しい登山 | Comments(6)