Champfer-Piz Julier-Champfer

出発地 Champfer, St. Moritzからローカルバスで10分ほど
到着地 出発地と同じ
登山日 2018年8月28日
標高差 1600m
難易度 T4+

e0356046_02311881.jpg

SAC, スイス山岳協会から毎月送られてくる雑誌に載っていたPiz Julier, 3380m。ふむ面白そうだけれど、果たして今シーズン中に訪ねる事が出来る事やら。。。。
何せ、またもや日本人のごとく猛烈働く月間突入していまして、土曜日の朝7時半から会議、とかあり得ん!!事態に陥っていまして。。。。火曜日、夏最後のお天気だったもので、全て放り出して行って来ました。

e0356046_02292566.jpg


時間的にかなりタイトだったもので、お一人様にて。(電車、片道4時間、山登りが予定で8時間、始発電車の到着が10時15分、最終バスが19時40分というかなりきびしい予定だったものでして。。。)
本日はずっと青白看板が目印です。出発地はChampfer, 1825m。登り、下り1600mというかなりの長丁場です。

e0356046_02300844.jpg


氷河の跡でしょうかねえ。。。。

e0356046_02301727.jpg


こういう所をズンズン登るわけですけれど、急な登りではないので、ルンルンお散歩気分でテンポを上げて登ります。

e0356046_02302347.jpg


こういうところは好みの問題でしょうか。。。森林限界点より上が好きな私には天国のような山登りです。(この時点で2300mくらいでしょうか。)

e0356046_02303415.jpg


所々、土砂で登山道が崩れているので、ルートを外さないよう注意しながら登ります。

e0356046_02304157.jpg


いよいよ、お楽しみ。。。。ちなみに、分岐点に来るまで、この左側が本日の目的地だと疑わなかった私。。。。

e0356046_02304956.jpg


こちらが本日の目的地です。(左奥のとんがり頂上です。)

e0356046_02310192.jpg


ここが分岐点のFuorcla Albana, 2869m。青白看板が3方向に伸びていてなんだか笑ってしまいました。ここで園芸用手袋の登場です。崖登りには500円くらいで買える園芸用手袋が一番のおすすめです。高い手袋買う必要なんてありません。

e0356046_02305525.jpg


はいはい。最初から手足動員ですねえ。。。

e0356046_02310708.jpg


ああ、楽しい〜。ルンルン。。。。

e0356046_02311307.jpg


もっと〜!!!

e0356046_02312723.jpg


ふむふむ。ここのどこを登れとおっしゃる。。。。

e0356046_02313463.jpg


もう楽しくって楽しくって、猛烈働きアリ月間のことやら、日常のアレコレなんてすっかり忘れています。
本当のところは、標高がかなり高いですから、息は切れるし、かなり集中して登らないと危なかったもので、他のことを考える余裕なんてありませんでした。あははは。

e0356046_02314011.jpg


で、頂上!!!自分との取り決めで、15時までに登れなかったら、その時点でいた場所から何があっても引き返す、ということにしていました。でも頂上には予定より30分早い14時半到着。4時間半。。。。ということは下り3時間で行けるか??と頭の中で算段してのんびり休憩します。私が到着してから4人ほど下山しました。上から見ているとかなり難儀している様子。
私は頂上に残っていたフランス人3人組と大盛り上がりです。彼ら、ガスボンベとコーヒーを持っていて、コーヒーをごちそうになったり、チューリッヒの悪口でおおいに盛り上がってから、さてそろそろ下山です。

e0356046_02314639.jpg


その前に記念写真。

e0356046_02320087.jpg


この雪を被っている山はきっと有名どころでしょう。。。

e0356046_02315295.jpg


で、下山。あちこちに鎖があるのですけれどねえ。。。例えば、こんなのは使い用がない鎖です。(笑)
ちなみに私より30分ははやく下山に取りかかっていた4人、全員追い抜きました。はははは。

e0356046_02320732.jpg


で、Champferまであと5分という辺りで、午前中にも会ったリスさんに再会。
18時10分というバスに余裕で乗れました。でもSt. Moritzで接続が無く、キオスクでポテトチップスを買って一気食い!!という荒技に出てしまいました。これじゃあ痩せないわけですな。

ということで、電車8時間、歩き7時間、というとんでもない1日と相成りました。
でも楽しかった〜。


[PR]
Commented by ありばば at 2018-08-30 05:44 x
崖登りで難しいのがお好みなんですね~~今回がこれまでで最高に楽しかったようで‥単独で、自由で、お天気も良くて。これらが楽しくさせる決め手でしょうか?
仕事も何もかも忘れて(というより緊張してそこに没頭するしかない)というあたりも、楽しくさせていたのでは?
相当な標高があるようですが、また着ているの服ももうかなり寒そう。
Commented by ありばば at 2018-08-30 10:39 x
ヒマなもんですから、足跡を地図で確かめました。
大体からして、サンモリッツって遠いですねえ!チューリッヒはスイスの北東、サンモリッツはずっと南東側。でも4時間で行けるんだあ!と思いました。しかし、日帰りの山って感じはしませんねえ!
頂上でフランス人組とチューリッヒの悪口ですか?遠くに山が見え、湖もある、美術館もあり市電がある、教会もいくつかある、すてきな町だと思えるのにねえ!ははは~どんな悪口なんだろう??
Commented by tomomato at 2018-08-30 15:05
すご〜い! St Moritzまで日帰りで行っちゃうって・・・・ 笑   あの辺は毎休暇に行っていたので私の庭・・・ と行っても森林限界超える山登りはほとんどしませんけど(ロープウェイ以外では笑)  すごいな〜 元気だな〜 っていうか、本当に山が好きなんだな〜 しかも手足でよじ登るのが!!  楽しい1日で気分転換になって良かった〜!
Commented by alpinistin at 2018-08-31 06:25
> ありばばさん
ははは。バカの遺伝子が組み込まれているせいか、普通の人なら嫌だなあ、と思うような場所が結構好きなんです。。。もうどうしようもないですね。わはははは。
今までで一番忙しいんじゃあないか?というか頭を使うんではないか?というほど仕事が詰まっていて、一日頭の整理をしました。下山途中に仕事のアレコレやらがまた頭に戻って来たのですが、なんだか脳内が整理整頓されたらしく、もうちょっとくらい詰め込んでも大丈夫かなあ?なんていう気分になりました。(あ、でも一瞬だけです。今日も今さっき帰って来ました。当地時間23時過ぎています。)
標高、そうですね。登っているときには半袖でしたが、頂上ではヤッケが必要でした。
Commented by alpinistin at 2018-08-31 06:29
> ありばばさん
もう一度。
遠いと言うか、近いと言うか。。。。考えようですよね。前日に山のエキスパートCh氏に相談した所、やめた方がいい、というお告げがありましたけれど、しっかり無視して行って来ました。あははは。頂上からメッセージを送ったら、そんなことだと思った、と苦笑いされました。
フランス人とは結構気が合うんですよ。あはは。チューリッヒ湖はスウィミングプールだね、とか、鼻高々のチューリッヒ市民の鼻のへし折り方、だとか。。。実際に住んでみると、良い所だけでなくって目に付くこともあるんですよね〜。あはははは。
Commented by alpinistin at 2018-08-31 06:32
> tomomatoさん
ははは。物好きというか、フリークって言うんですよね、こういうの。
山、本当に好きです。Tomoさん、分かってくれて嬉しいです!!!
下山途中には、もうちょっとくらい脳みそ使っても大丈夫かも、なんてバカなことを思ったりしましたが、今日一日でまたまたエネルギーチャージが必要なほど消耗しました。とほほほほ
山が恋しい。。。。。。
Commented by みいちゃん at 2018-08-31 15:58 x
サンモリッツまで日帰りで そのうえ富士山級(高さです)の山に登って来るなんて ちょっと考えられません!!!
すごいというか バカというか(笑)
下には湖が見えているんですね・・・
遠くの雪山はベルリナアルプスなんでしょうか?
今年は私も駆け足の山登りばかりで ゆっくりした山に行きたくなりました。
Commented by しゅとぅっつ at 2018-08-31 19:09 x
こんにちは。お仕事お疲れ様です!
サクッと行って帰ってこれる行動力がすごいです。
天気も景色もよくて最高ですね^^
青白看板3つのところにある、休憩場も気になります!

この前コメントした野生のエーデルワイス、なんと見つけることができましたー!!
ガストハウスのおじちゃんには時期が終わってしまったといわれたのですが、BärentrittからLauchbodenに出たあたりに少しだけまだ咲いていて無事発見!
本当に嬉しかったです。
帰りは雨と風にやられ、めちゃくちゃ寒かったですが笑
Commented by alpinistin at 2018-09-01 03:10
> みいちゃんさん
ははは。バカの遺伝子をどこかで受け継いでしまったようでして、もうどうにもなりませんね。あはははは。
下の湖、多分冬には凍って、湖の上で馬のレース(競馬?)が行われる湖だと思うんですけれど、毛皮コートの集団とかにはあんまり興味が無い物でして。。。。でも湖、見えていました。
遠くの雪山ねえ。。。。分かったらいいんですけれど、マッターホルンとユングフラウですよ、きっと。あっはっはっはっは。
ゆっくり山、私も行きたいです。。。。。。ああ、山〜。
Commented by alpinistin at 2018-09-01 03:12
> しゅとぅっつさん
おお、エーデルさん発見、おめでとうございます!ところで、Bärentrittの途中にあった大穴、修復されてました?
Braunwaldって何気に天気悪いですよね。他の地域が晴れでもあそこだけ雨、とか雪とか。。。。あれは一体なんとかならないもんでしょうかねえ。。。。風邪とかひきませんでしたか?
by alpinistin | 2018-08-30 03:04 | T4 難しい登山 | Comments(10)