人気ブログランキング |

Gumen-Höch Turm-Braunwald

出発地 Gumen, Braunwald
到着地 Braunwald
登山日 2018年9月1-2日
難易度 T5+ (ZS)
標高差 1500m

e0356046_03371057.jpg

ようやく仕事が一段落してくれた土曜日、雨の中傘を差しながらGumen, 1900mまで登ります。本当なら土日、両方をフルに使って何個かの頂上を訪ねる予定でしたが、雨でしたのでねえ。。。。(というか、随分前からCh氏と約束していて、これを逃すと2日連続で予定を合わせられる日というのはそうそうないものですからねえ。それにそろそろ雪の季節ですし。。。)で、翌朝。天気予報、良い方向に転換してくれたみたいです。

e0356046_03371630.jpg

まだ始発ゴンドラが動き始める前の登山道は静かなもんです。我ら、誰にも会いませんでした。
この写真はすでにマーキングを外れて、Flätstock, 2466m方面に歩いている所です。
本日の目的地は、この時に到着できなかったHöch Turm, 2665mです。

e0356046_03372223.jpg

この時点ではすでにザイルに繋がっての登りでした。この部分にはザイルがすでにインストールされていました。

e0356046_03372922.jpg

我らのザイルと2重で登ります。いやはや、90度の岩場登りって結構スリルがあります。
そして、下に見えている雪は8月になってから降ったもの。シュタイクアイゼンを持っていたら、ここを直接登り降りできたのですけれど、荷物軽量化の為に家に置いて来てしまい、ちょっとだけ後悔しました。ここは土曜日の雪と雨で地面が濡れていてツルツルです。ここは難所でした。

e0356046_03373431.jpg

こんな風にして、即席安全装置。二人だとなるべく大掛かりな安全装置をしなくて良いように、結構色々工夫します。(時間節約です。)

e0356046_03374109.jpg

で、こんな所をカラビナを引っ掛け直しながら登ります。

e0356046_03375040.jpg

ここ、ツルツルで本当に嫌な所でした。

e0356046_03375713.jpg

次なる難所は稜線。(また尻の写真ですか?お金取りますよと言われながらの撮影会です。なにせ、待ち時間があって暇だったものでして。。。)ちなみに本日のクリスマスツリー、結構な装備でした。(私も今日はクリスマスツリーだったのですけれど、写真がないですねえ。。。)

e0356046_03380577.jpg

あははは。こんなところ、登って来たみたいです。(おい、どうやって降りるんだよう〜。)

e0356046_03381182.jpg

これが最後の稜線全体像。ここは楽しかったですよ〜。

e0356046_03381690.jpg

で、またまた即席安全装置の設置。。。。(こんなのは教科書には載っていませんし、試験でこんなことしたら不合格します。)

e0356046_03382435.jpg

そんでもって頂上, Höch Turm, 2665m!今回、我がHausberg, Ortstockをようやく反対側から拝む事ができました。

e0356046_03383119.jpg

最近よくお世話になっているBös Fulenにも雪が積もっています。(土曜日、かなり降ったみたいですねえ。。。)

e0356046_03384124.jpg

Tödi様、今日はよく見えていました。

e0356046_03383631.jpg

拡大。また来年も登ろうかねえ〜などと話しながら、のんびり休憩です。

e0356046_03384749.jpg

で、下山。下山は私が先に降り、Ch氏がザイルのコントロールをしてくれます。こんな所、登ったり降りたりしていたみたいです。あはは。

e0356046_03385308.jpg

これがようやく念願かなってのHöch Turm

e0356046_03390049.jpg

帰りはLauch Boden, Bärentritt経由で下山します。
右奥がHöch Turm, 左奥がOrtstockです。
Bärentritt、なんとマーキングが新しくなっていて、不必要なケッテがインストールされていてビックリです。空いていた大穴も塞がっていて、これまたびっくり仰天です。通しで付いているケッテのおかげで、難易度も下がっています。(Braunwald、いよいよ登山道整備に出るのか、Glaralpinaというプロジェクトの一部で整備されているのか。。。。)

8時間に及ぶ行程で、かなり疲れきっていた私たち、Bärentrittは無言でどんどん降ります。Bärentritt途中の秘密の場所にエーデルさん結構咲いていたのですけれど、写真も撮らずです。。(というか、地面がぐちゃぐちゃで、靴がシュタイクアイゼンを履いているのか、というほど重たくなりました。とほほほ)

ということで、今回もまためでたしめでたし、となりました。

追記。今回のルート
e0356046_05340315.jpg

ルート327で登り降りしました。







おまけのパンダ
なぜか、またCh氏だけがパンダ。。。。。私は顔じゃないのか?!?!?!ということで、また下のほうに載せておきます。





















e0356046_03390910.jpg

Commented by ありばば at 2018-09-03 08:51 x
おまけのパンダと一緒の写真、すごくうれしそう!
それにそのパンダ様のお尻写真もいいわね!
岩登り‥でしよ?‥相当お好きになっているようでたまらない感じがよくでているブログでしたよ。
お天気はいい方がいいけど、よくなくても楽しかった模様で。
Commented by alpinistin at 2018-09-03 12:16
> ありばばさん
おはようございます!
ははは。やったぜ!感が出ています。何せ、7月に時間切れで引き返さないといけなくなってから、ずっと登ろう登ろうと思っていたものでして。今回は、土曜日にけっこう雪が降ってくれたおかげで、前回のルートではなく、裏側からの挑戦となりました。
岩登りというか、普通の登山から岩登り、いろんな要素が詰まっていて楽しいツアーでした。
Commented by tomomato at 2018-09-03 20:40
怖いよ〜怖いよ〜〜 見てるだけで怖い〜 私、絶対に山男(あ、山女?)にはなれないと思う・・・・・ 高所恐怖症ではないけれど、こんなところよじ登りたくない〜。 ところで、どうやって降りてきたの????
Commented by alpinistin at 2018-09-04 05:38
> tomomatoさん
はははは。山男、山女は一家にひとりで良い事にしましょう!お兄さまにお任せがいいですよ〜。うふふふ。
登った時と同じように一歩ずつ降りました。(苦笑)ザイルがなかったら精神的にツライだろうなあ、と想像しながら降りましたよ〜。
by alpinistin | 2018-09-03 04:05 | T5 非常に難しい登山 | Comments(4)