T5+の難易度表記について

2018年に入ってから、ドイツ語でHochtour、英語ではHigh mountain tourと呼ばれる、文字通り標高の高い場所やフル装備の必要な山を訪ねる機会が増えて来ました。ここらでカテゴリ分けをもう少し細分化することにしました。

T5+とかT6という表記の後ろに括弧でL, WS, ZSなどという表記をするようにしていますが、一体何のことやら。。。という質問を頂いたもので、SAC, スイスアルペンクラブの公式見解を参考にまとめてみますね〜。
最初のL、簡単ということですが、T5以上の難しさの中では簡単、ということですのでご注意くださいまし。

L : Leicht 簡単
難しい岩場、がれ場横断はほとんどない。ほとんど割れ目のない氷河横断。崖登りは距離も短く問題ない範囲。

WS : Wenig Schwierig ちょっとだけ難しい
ほとんどの場所が普通に歩ける。崖登りはルートが取りやすく、危険な場所はほとんどない。あまり割れ目のない氷河横断。

ZS : Ziemlich Schwierig かなり難しい
途中、安全確保をするべき場所が何カ所もある。ルート確保の為のオリエンテーリング能力が必要。崖登りには危険を伴う場所がある。自分の安全確保の為の安全装置が必要。割れ目の多い氷河横断。

S : Schwierig 難しい
効率的なザイルさばきが必要。崖登りは距離が長く、自己安全確保用、安全装置が必須。横断に危険の伴う氷河。

SS : Sehr Schwierig とても難しい
AS : Äusserest Schwierig 特別に難しい

マテリアル

ハーネス : Gestältliってスイスドイツ後では言います。腰と太ももに装着します。ここにザイルをつないだり、マテリアルを引っ掛けたり。High mountain tourには必須のマテリアルです。

ザイル : 難しさの分からない山では40mのザイル。心の平安の為には10mのザイル。40mのザイルは重さも3kgほどになるので、臨機応変に使い分けています。

ヘルメット : 見た目は悪いんですけれど、絶対にあったほうがいい装備です。私の頭はあんまり性能がよくないですが、それでも、傷ついたり壊れたりしたら元も子もないですからねえ〜。

カラビナ : バンドシュリンゲと一緒にいつでもリュックサックに入っています。自己安全確保や、簡単にザイルシャフトの安全を確保するのにかなり便利なコンビネーションです。

エクスプレス、フレンド : この辺りは行く山によって過不足無く持って行きます。時々計算違いで足りなくなったりするんですけれど、そんな時にはバンドシュリンゲとカラビナコンビが登場したりします。

アイスシュラウベン : 日本語では何って言うんでしょうねえ。。。。先っぽにハーケンの着いたネジで、氷や雪で恒常的にハーケンを設置することができない場所で活躍します。

まだまだ色々なマテリアルがあるんですけれど、我らが使うのはこの辺りです。


[PR]
by alpinistin | 2018-10-22 02:54 | 基本情報