カテゴリ:基本情報( 4 )

T5+の難易度表記について

2018年に入ってから、ドイツ語でHochtour、英語ではHigh mountain tourと呼ばれる、文字通り標高の高い場所やフル装備の必要な山を訪ねる機会が増えて来ました。ここらでカテゴリ分けをもう少し細分化することにしました。

T5+とかT6という表記の後ろに括弧でL, WS, ZSなどという表記をするようにしていますが、一体何のことやら。。。という質問を頂いたもので、SAC, スイスアルペンクラブの公式見解を参考にまとめてみますね〜。
最初のL、簡単ということですが、T5以上の難しさの中では簡単、ということですのでご注意くださいまし。

L : Leicht 簡単
難しい岩場、がれ場横断はほとんどない。ほとんど割れ目のない氷河横断。崖登りは距離も短く問題ない範囲。

WS : Wenig Schwierig ちょっとだけ難しい
ほとんどの場所が普通に歩ける。崖登りはルートが取りやすく、危険な場所はほとんどない。あまり割れ目のない氷河横断。

ZS : Ziemlich Schwierig かなり難しい
途中、安全確保をするべき場所が何カ所もある。ルート確保の為のオリエンテーリング能力が必要。崖登りには危険を伴う場所がある。自分の安全確保の為の安全装置が必要。割れ目の多い氷河横断。

S : Schwierig 難しい
効率的なザイルさばきが必要。崖登りは距離が長く、自己安全確保用、安全装置が必須。横断に危険の伴う氷河。

SS : Sehr Schwierig とても難しい
AS : Äusserest Schwierig 特別に難しい

マテリアル

ハーネス : Gestältliってスイスドイツ後では言います。腰と太ももに装着します。ここにザイルをつないだり、マテリアルを引っ掛けたり。High mountain tourには必須のマテリアルです。

ザイル : 難しさの分からない山では40mのザイル。心の平安の為には10mのザイル。40mのザイルは重さも3kgほどになるので、臨機応変に使い分けています。

ヘルメット : 見た目は悪いんですけれど、絶対にあったほうがいい装備です。私の頭はあんまり性能がよくないですが、それでも、傷ついたり壊れたりしたら元も子もないですからねえ〜。

カラビナ : バンドシュリンゲと一緒にいつでもリュックサックに入っています。自己安全確保や、簡単にザイルシャフトの安全を確保するのにかなり便利なコンビネーションです。

エクスプレス、フレンド : この辺りは行く山によって過不足無く持って行きます。時々計算違いで足りなくなったりするんですけれど、そんな時にはバンドシュリンゲとカラビナコンビが登場したりします。

アイスシュラウベン : 日本語では何って言うんでしょうねえ。。。。先っぽにハーケンの着いたネジで、氷や雪で恒常的にハーケンを設置することができない場所で活躍します。

まだまだ色々なマテリアルがあるんですけれど、我らが使うのはこの辺りです。


[PR]
by alpinistin | 2018-10-22 02:54 | 基本情報

自己紹介


e0356046_17582330.jpg

趣味でスイスの山を登っています。夏は涼しさを求めてなるべく高いところへ、冬場はかんじき登山、時々スキーという具合でしょうか。
DNAにバカの遺伝子が組み込まれているせいか、普通の人なら躊躇するような崖っぷちが好きで、一定の頻度でそういう場所を訪ねないと禁断症状が出ます。(笑)
私の登山装備は、水、コンパクトカメラ、地図(1:25000)、ストック、Goretexジャケット程度です。食べ物はドライフルーツとクラッカーが大抵リュックサックに入っています。最近、スマートフォンのGPSが登場することがあります。最近は登る山によってフル装備のこともあります。
天気が悪かったり、仕事が忙しかったりで山に行かれない期間は、フィットネスで黙々と機械を動かすか、プールでひたすら泳いで体力を保っています。

お天気や装備に関する質問などにはお答えできません。ご自分の判断でお楽しみください。

追記: 一見さんお断りの(?)由緒正しきSAC(Schweizer Alpen Club)スイス山岳会の末席の末席に仲間入りさせてもらいました。(2018年)

[PR]
by alpinistin | 2015-07-30 17:04 | 基本情報

ブログの見方

e0356046_18452274.png

出発地、到着地
なるべく公共交通機関を利用できるよう表記しています。Postautoやゴンドラの最終がとても早い場合もありますので、時間の確認をしてからお出かけください。

難易度
別記の通りです。

標高差
地図(Swisstopo 1:25000)を参照に、最低地と最高地の差を単純表記しています。途中の登り、下りは考慮していませんのでご注意ください。

標高
例えばSellamatt, 1400mとある場合、Sellamattという場所の標高は1400mという意味です。

時間
敢えて表記しません。登山で時間を自慢する必要はありません。それより、一つの山にじっくり時間をかけて登るほうが思い出も残りますし、何より安全です。

植物
なるべくラテン語表記をします。見つからない場合はドイツ語表記になりますこと、ご了承ください。

e0356046_18531634.png

タイトルと地名
誤解を避けるため、現地の言葉(ドイツ語、フランス語、及びイタリア語)の表記となります。
タイトルは常に、出発地、目的地(山頂)、到着地の順に表記します。


[PR]
by alpinistin | 2015-07-30 10:55 | 基本情報

基本情報


難易度のカテゴリー分け

T1からT5の表記はSAC(Schweizer Alpen Club) スイスアルペンクラブ、及び政府より指定されているカテゴリー分けから私が個人的に判断しています。T1が散歩程度からT5が氷河横断、マーキングなし等の非常に難しい登山となります。
登ったからには下山もある、ということを頭の隅で考えておいてくださいね。下山のほうが難しいケースが沢山あります。(特に崖下り、急斜面のがれ場は下りのほうが数段難しくなります。)
また、個人的な経験、体調、季節、そして天気によりこのカテゴリー分けは大きく変わります。登山をされる際にはご自身の判断で無理のない範囲で行ってください。


登山コースの読み方

e0356046_17343016.jpg

上記のように2種類の標識があります。
黄色に赤白マーキングされたものと、青地に青白でマークされたもの(場所によっては黄色に青白でマーキングされたものも同じ)
赤白マーキングはT3,4までの比較的普通、と呼ばれる登山コース。青白のものはT4からT5以上のもので、時には自分でコースを探さなければならないときもあります。そして崖登り(手を使わないと登れない場所)や氷河横断があります。また青白のコースはマーキングも少ないため、霧の日の登山にはご注意ください。
赤白、青白の尖った部分の向く方向が目的地方面です。
標識には目的地、途中経過地、目安の時間や目的地の公共交通機関の有無が書かれています。
(目安時間はあくまで目安です。自治体によって時間設定がえ?と思うようなところもあります。また休憩時間はこの目安時間には含まれていないので、あまり気にしない方がいいと思います。)
白地の部分は自分の現在地と標高。その下の青地は青白コースを行く場合の警告です。


登山コース

e0356046_17315093.jpg

赤白のコース。時には2mおきくらいの感覚でこのマークがあります。(霧対策)このマークに従って歩き、分岐路には必ず黄色の標識がありますので、このマークを目印に歩いていれば目的地に到着します。

e0356046_17320480.jpg

青白のマーキングも赤白同様ですが、マーキングの間隔が広がります。霧の深い日は私自身怖い思いをしたこともあります。
e0356046_18573923.jpg

Steinmannli。赤白でも青白でもなく、道無き道を歩く時の目印になる、石を積んで作った標識。どうみても自然現象ではなく人の手によって作られたものです。これがあると、ああ誰かもここを通ったんだ、と言葉にならない安心感を感じます。

ご自分の体調、テクニック、お天気などを考慮して楽しい山登りをお楽しみください。

[PR]
by alpinistin | 2015-07-30 10:45 | 基本情報