人気ブログランキング |

<   2018年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

出発地 Gamplüt, Wildhausからゴンドラ
到着地 出発地と同じ(ゴンドラの最終2018年時点16時半です。)
登山日 2018年12月29日
標高差 900m
難易度 WT4

e0356046_18133532.jpg

23日の仕事納めで乾杯したら、突然に声が出なくなり、クリスマスは必要最低限のことをするだけで、あとはサウナに入り浸りでした。あはははは。今年のクリスマスは静かで良い、などとからかわれつつ、声が出ないって結構つらいものがありました。
29日、体調もまだあまり良くなかったり、声もまだ半分しか出ない上に、水分補給量が尋常ではなかったのですけれど行って来ました。結果、行って良かったです。

e0356046_18123909.jpg

Gamplüt, 1352mから700mほど急登です。ここが本日の第一難所とのことでしたが、雪の量が十分にあったので、ピッケルやらシャベルやらの装備は出さずに済みました。
今回のツアーは、SACが毎月会員に送ってくれるDie Alpenという雑誌に載っていたもので、悪友P、FとCh氏の4人一緒に行こうと計画していたもの。年末の色々な理由で、結局Ch氏と二人でのんびり行く事になりました。

e0356046_18125875.jpg

奥の方に我がChurfirstenがよく見えています。今年は結局一度も訪ねることがありませんでしたが、良い山です。

e0356046_18125367.jpg

鼻水が尋常でなく出る物で、当地仕様4枚重ねティッシュがすでに2袋ゴミになりました。それに、痰が溜まっているせいか、肺活量も全然足りず、ヒーコラいいながら、Zwinglipasshütte, 1999mに到着。それにしても久々に見た青空!気分は最高です。

e0356046_18130426.jpg

オーストリア方面、下に広がる雲海。ここ、一カ所嫌〜な下りがありました。

e0356046_18131020.jpg

標高2000mちょっとなんですが、なんだか気分は4000m(ほら息切れとかね。。)そして、景色も4000mみたいです。わははは。

e0356046_18131656.jpg

なるほど、下界は霧ですねえ。。。この辺りで休憩したのですけれど、チョコレートの入っていた箱がする〜っとすべり落ちて、どんどん下へ。。。中身のチョコレート(6個しか入っていませんでした)も飛び出して。。。
下りでこれを回収するのはちょっとした宝探しみたいでした。

e0356046_18132302.jpg

そしてMutschensattel, 2068mから下ります。ここ、激下り、という奴でしょうか。。。。

e0356046_18133532.jpg

ちょっと下ったあたりからルートを撮影してみました。逆くの字ではなく、最短距離で降りているのが我らのルートです。下るというより滑り降りました。ここは、シーズン終わりになると雪崩の危険がかなりありそうです。

e0356046_18132942.jpg

下へ滑りながらもコントロールを失わないよう、注意が必要です。こんなところへ落ちたら大変なことになりそうですからねえ。。。

e0356046_18134131.jpg

一カ所、雪崩のあった場所を通過したのですが、ここではシャベルが登場。
ちなみに、今回のツアー、ピッケル、シャベルのほかに、LVS(日本語だとビーコンというらしいです。雪崩に巻き込まれた時に位置確認をしやすくする機械)を身につけていました。雪山へ行かれる方、当地ではLVS必須です。

e0356046_18134889.jpg

左側のルートが我らの足跡です。ちなみにスノーシューの下りでは、人の歩いた跡をあるくより自分のルートを作る方が歩きやすいですよ。

e0356046_18135341.jpg

一番奥から降りて来ました。まだまだ先は長いです。

e0356046_18135971.jpg

すっかり夕方、16時くらいでしょうかになってGamplütに到着。雑誌には6時間から8時間のツアーで、体力とテクニックが必要、と書かれていていました。帰りの電車でそのことを読んだ我ら、思わず笑ってしまいましたよ。半病人が行くツアーではなかったらしいです。わははははは。ちなみに我ら、休憩も入れて6時間半かかりました。

e0356046_18140597.jpg

オーストリア方面は相変わらずの雲海。。。。
今年最後かな?のツアー、とっても楽しいツアーとなりました。

2018年、定期的に拙宅を訪ねてくださったみなさま、偶然に通りかかってくださったみなさま、訪ねてくださってありがとうございます。
2019年もお気楽に山に登って、また適当なツアー記録を沢山載せたいなあと思っています。
みなさまも良い2019年にしてくださいね。alpinistin

by alpinistin | 2018-12-30 18:41 | T4 難しい登山 | Comments(8)
出発地 Arvenbüel
到着地 Amden
登山日 2018年12月11日
標高差 800m途中の標高差を加えると1100mほど
難易度 T3(スノーシュー)

e0356046_07590115.jpg

前回の登山が11月半ばでしたから、1ヶ月近く山に行っていなかった計算です。。。。

e0356046_07574773.jpg

そんな久々の山登りがいきなりモンスター登山(!)となりました。おなじみArvenbüel, 1272mを出発した時には雪が降っていました。今シーズン初のスノーシュー。行かれる所まで行ってみよう、ということで気軽にスタートです。

e0356046_07575450.jpg

お天気もなんだか降ったり止んだり。。。まだスノーシューの登り用補助を入れる事なく普通に歩いていますよ。

e0356046_07575960.jpg

なんでも月曜だけでかなり降ったそうで、全部で50センチほど積もっていた上に、足跡がほとんどなかったもので、Ch氏と交代でシュプール作りです。これ、結構きついんですよね〜。

e0356046_07580689.jpg

この辺りで雪は止んでくれたものの、寒い。スキー用手袋をしていたにも関わらず手がかじかむ。。。。

e0356046_07581380.jpg

で、最初の目的地、Flügespitz, 1715m。細い稜線はまるでアルピン登山のようでした。ここ、雪崩の危険があるので、地形に詳しくない方の一人登山(グループ登山も)おすすめできません。

e0356046_07581965.jpg

我らの登って来た稜線と、後ろのお隠れのLeistchamm, 2100m。この間までここでのんびりポルチーニを採っていたというのに。。。。

e0356046_07582659.jpg

で、反対側(東側)へ降りるのですけれど、ここの下りは怖かった。。。。体感90度。実際には50度の傾斜の上に、雪が少なかったものでスノーシューを固定出来る場所がないですから、ずるずる滑るしかないです。しかも、ここは雪崩が頻繁に起きる場所で、死亡事故もあった場所です。細心の注意をしながらなんとか突破。。。

e0356046_07583375.jpg

あとはこんな森の中を歩きながら、Vorder Höhi, 1537mを目指します。
Vorder Höhiにて、Gulmen, 1789mを訪ねてから帰るか、このまま下山するかの相談、というより、取りあえず行っておくよね、という確認をして、再び登ります。

e0356046_07583867.jpg

冬には冬の花がありますねえ。。。

e0356046_07584497.jpg

夏のようにはコラボも上手く行きませんが、シーズン初めということで。。。

e0356046_07584952.jpg

で頂上が見えて来ました。スキーの跡がないGulmenなんて初めて見ました。

e0356046_07585570.jpg

今回はいつもとちょっとルートを変えて登ります。おかげさまで、こんな雪の芸術を間近に見る事ができました。

e0356046_07590115.jpg

で、頂上。ここからAmden, 935mまで一気に下ります。

e0356046_07590705.jpg

なんだか聖書にでも出て来そうな景色ですよ〜。
ということで、久々の登山を楽しんできました。(明日、筋肉痛だろうなあ。。。。)

by alpinistin | 2018-12-12 08:17 | T3 登山 | Comments(6)